TOP > 社会 > 動物性集合胚:ヒトの臓器持つ動物作る研究が解禁 - 毎日新聞

動物性集合胚:ヒトの臓器持つ動物作る研究が解禁 - 毎日新聞

22コメント 2018-10-26 23:39  毎日新聞

 政府の総合科学技術・イノベーション会議の生命倫理専門調査会は26日、動物とヒトの細胞を混ぜた「動物性集合胚」を動物の子宮に移植して子を産ませ、ヒトの臓器を持つ動物を作る研究を条件付きで認めた。文部科...

ツイッターのコメント(22)

これです……
これめっちゃ倫理問題でそう
あとブタとヒトの外見が混じった個体がが産まれる可能性は0ではないと…
人間って怖いわ…。
この絵の禁忌感がすごい
目に見えない臓器ならまだ平常心保てるけど、見えるパーツが欲しい場合は…目とか…
個人的には自分に恩恵があるなら賛成
待って待って小林泰三の人獣細工じゃんこれ!!
昨秋の制度改定からついに日本でも動物集合胚を使った実験ができるようになった。中内先生はこの研究のためにStanfordに移られたんだよなあ。

これからは基礎研究や応用研究の世界でも大動物を扱える人材が必要とされる時代になるといいな。
臓器移植を待っている人にとっては朗報 一日も早く実現してほしい
これすっごいな、「人の胚から人の臓器を作るのは倫理的に問題ありでも動物の胚から人の臓器作るのはいいでしょ?」って考え方だろ割と鬼畜だけど実用化されたらすっごい
ちょっと可哀想(>_<)
動物の受精卵にヒトの細胞を混ぜた「動物性集合胚」を動物の子宮に戻して出産させることが来春にも国内で解禁されます。これにより、ヒトの臓器を動物の体内で作り出す研究の促進が期待される一方、倫理上の問題も懸念されています。
そのうちヒトの臓器を持った動物と恋に落ちて結婚する事などがありそう。

:改正指針は、研究の実施機関と国の双方が研究計画を審査するとし、動物性集合胚のヒトの子宮への移植や、この方法で生まれた動物の交配などは禁止する。解禁は研究に限り、今回はヒトへの臓器移植は認めない
これは小林泰三さんにコメントを取りにいく媒体がありそうだな。もっとも今回の解禁では、この方法で作ったヒトの臓器をヒトに移植することは認めていないけどね。
動物の臓器持つヒトの研究に空目した。
ずいぶん遅くなったが、認められてよかった。ようやくだが、認められて終わりではなくて、研究の進展など、社会との情報共有を続けていくのが重要。自分も積極的に努力したい。>
提供者の犠牲がなくても臓器移植ができる世界への一歩
@mamy888 研究OKが出たみたいです・・・
毎日新聞10/27:政府の総合科学技術・イノベーション会議の生命倫理専門調査会は26日、動物とヒトの細胞を混ぜた「動物性集合胚」を動物の子宮に移植して子を産ませ、ヒトの臓器を持つ動物を作る研究を条件付きで認めた。文部科学省がまとめた指針改正案を了承した。→
人の尊重を無視して 犯罪性が高い
許していないです
「動物の体内でヒトの臓器を作る」という、従来の研究指針では禁止されていた研究が、条件付きで解禁されました。もう少し具体的に言うと、

①...
「改正指針は、研究の実施機関と国の双方が研究計画を審査するとし、動物性集合胚のヒトの子宮への移植や、この方法で生まれた動物の交配などは禁止する。解禁は研究に限り、今回はヒトへの臓器移植は認めない」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR