TOP > 社会 > 暴言:特別支援学級で女性教諭、生徒に「殺したろか」京都 - 毎日新聞

暴言:特別支援学級で女性教諭、生徒に「殺したろか」京都 - 毎日新聞

13コメント 2018-10-23 12:12 | 毎日新聞キャッシュ

 京都府城陽市立南城陽中学校の特別支援学級で先月、担任の50代女性教諭が数人の生徒に「殺したろか」などと暴言を吐いていたことが23日分かった。  市教委によると、9月27日の昼休み、室内で禁止されているフライングディスクで生徒らが遊んでいたため、教諭がやめるよう注意する中で暴言が出たという。...

ツイッターのコメント(13)

支援級というのがポイント。言葉そのまま受け取っちゃうから、生徒は「本当に殺される」と思ってる可能性が大いにある。そりゃ通えなくなるわな(。-_-。)
叱ったり注意したりすることと全く違った次元です。
死ぬべきなのは教諭の方でしょ どうせ後は死ぬだけだし
支援学校の教師とかストレスたまりまくりだろうし多少同情もするなあ…言い過ぎではあるけど別に実際に暴力ふるってる訳でも無いし…これで辞めたらその方が実際には子供らに被害でかいぞ
暴言はアカンけども 注意は大事。
殺したろかはアカンけども 一度で聞かない生徒はどうなん?
まぁどの程度の障害なのかにもよるけども。
???「あんたを不幸にしてやろうか??」
謝罪??
処分は??
きっと「血吸うたろうか!」なら全く大丈夫やったやろうな
そこに至る経緯が不明だが、どうせ注意しても生徒が言う事聞かないから教諭がキレただけだろ/
学校という閉鎖的空間だから過去にも同じ事をしてきたと疑ってしまう。教師の人権が重視されて名前すら公表されず、謝罪だけで良いのか?職責から考えたら懲戒が妥当だと思う。
「殺したろか」、学校の先生からどうしてこんな言葉が出るのか不思議だ。いつもは意識しているから出なかったのだろうが、つい無意識の衝動が働いて言ってしまったのか。
担任の教諭が数人の生徒に「殺したろか」などと暴言を吐いていたことが分かりました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR