TOP > 社会 > 北海道地震:なぜ札幌でも震度6弱 軟らかい地盤揺れ増幅 - 毎日新聞

北海道地震:なぜ札幌でも震度6弱 軟らかい地盤揺れ増幅 - 毎日新聞

26コメント 2018-10-08 07:48  毎日新聞

 なるほドリ 北海道胆振東部地震で、札幌市でも東区は震度6弱と観測史上最大の揺れだったらしいね。震源にずっと近い苫小牧市や恵庭市でも震度5強だったのに、どうしてこんなに揺れたの?

ツイッターのコメント(26)

あの日から明日で2年かぁ・・・起き上がれない位の揺れで今でもちょっと揺れると怖い・・・
なるほど。➡️
北海道胆振東部地震で震度6弱を記録した札幌市東区。写真見たら以前住んでいた場所の近くの風景で驚いた。震源から離れているのに何故そんなに揺れた?と思っていたが、石狩川が運んだ土砂が堆積した泥炭地で地盤が緩いと知って納得。当時はそんなこと考えもしなかったが。
@shiko_wallace ( ゚д゚)っ

新聞記事にもなっちゃったくらいのようで。
よく泥炭地なので弱いとは聞いた覚えがあります。
東区だけ揺れが大きいのはそういう事だったのか
@AraJ5_RTomo48_L まあこの記事見てくれ
あぁ~なるほどね。札幌はもともと揺れやすい地盤であり、地震波が南西部の固い岩盤を伝わって軟らかい地盤に入ったときに増幅されたってことね。
東区のやや奥地が地盤弱いのは昔から言われてたしそんな所に地下鉄いい加減に作るからああなって当たり前
■なぜ札幌でも震度6弱 軟らかい地盤揺れ増幅(毎日新聞)

なるほドリ 北海道胆振東部地震で、札幌市でも東区は震度6弱と観測史上最大の揺れだったらしいね。震源にずっと近い苫小牧市や恵庭市でも震度5強だったのに、どうしてこんなに揺れたの?
こう言うニュースが出た日にその通りの地震が起きたか
さっきの地震で震源地である胆振地方より札幌東区の方が震度が強かった理由はこの記事にある地盤にもありそうにゃ
要するにこーゆことなのかな🤔
昔から東区は地盤が緩いのは知ってるけど、でも生まれ育ったところだからこれから先も東区に住み続けるよ。
でもこんな大きな地震が続くのは生まれて初めてだ…。
震源よりも揺れるのはおかしい話ではないというのを今日学んだ
@trbpanda 東区は柔らか大地だからなんだってさ。
なるほど~🤔️うちは昔から地盤が固いって聞いてたけど。
そういえば地震の前にこういう記事を見つけてた
今の地震もだな。

『今回は東区の震度6弱のほか、北区や白石区、それに江別市など、マップで「揺れやすい」とされた地域で震度5強を観測。これに対し札幌市南西部は比較的地盤が固く、定山渓温泉は震度3。』
南区は地盤が固いそうだけど、クマが出るしなぁ。絶対安全なところは無い。
現代日本の都市は(日本に限らないけど)、そういう軟らかい地盤のとこばかりに建設されてるからなぁ。

丘陵に作るのはシビライゼーションをプレイする時だけでその時も庭園欲しいから川の隣にはするよね
【札幌市でも東区は震度6弱と観測史上最大の揺れ】 軟らかい地盤揺れ増幅-毎日新聞 「地震の波は、固い岩盤を伝わり表層の軟らかい地盤に入ったときに増幅」揺れにくいところもあるが揺れないという保証はないので備えるしかない!
JRの線路より北側、特に函館線と千歳線の北側は、泥炭地で非常に脆弱な地盤とされている。
地震前から地盤沈下で道路が斜めになっているところも多い。
北海道胆振東部地震となぜ書かない? 北海道地震では、北海道全部が地震で被害が出ている様に思われて、風評被害を増長されている。なぜ、マスコミは正確に情報を伝えることをしないのか…
に関するなるほドリです
「震源にずっと近い苫小牧市や恵庭市でも震度5強だったのに、どうしてこんなに揺れたの?」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR