TOP > 社会 > 東電訴訟:双葉病院患者死亡は原発事故が原因 看護師証言 - 毎日新聞

東電訴訟:双葉病院患者死亡は原発事故が原因 看護師証言 - 毎日新聞

21コメント 2018-09-18 22:10  毎日新聞

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣3人の第26回公判が18日、東京地裁(永渕健一裁判長)であり、事故の被害状況が初めて審理された。避難先などで多くの患者が...

ツイッターのコメント(21)

【昨年の今日】「 看護師証言」
「長時間の移動中に、バスの中で既に亡くなっていた患者に気づいたことを明かし、“顔が蒼白で、衝撃だった”と説明。“白い防護服にくるまれたり、席の下に倒れたりしている患者もいた”」
原発推進側や自民党は、「フクイチ原発事故では、一人の死者も出していない」と恐ろしく愚かな発言を繰り返し、東電が放射能で大量の人々を殺害した事実を隠蔽しているが、病院関係者は、双葉病院の50名の死者は、すべて原発事故が原因で死亡したと裁判で証言している。
起訴状などによると、旧経営陣3人は大地震が発生すれば原発に巨大津波が襲来して事故が起きると予想できたのに対策を怠り、事故を招き、原発から約4.5キロ離れた同病院の入院患者ら44人を死亡させたとされる。
看護副部長は、避難先に到着するまでの長期間の移動中にバスの中で既に亡くなった患者に気づいたことを明かし「顔が蒼白で衝撃だった」。「白い防護服にくるまれたり、席の下に倒れたりしている患者もいた」と説明。
避難先などで多くの患者が死亡した双葉病院(福島県大熊町)の看護師だった女性が証人として出廷し、「患者が亡くなったのは、原発事故が原因だった」との見解を示した。原発から約4.5キロ離れた同病院の入院患者ら44人を死亡させたとされる。
「 看護師証言」(毎日180918)
「長時間の移動中に、バスの中で既に亡くなっていた患者に気づいたことを明かし、“顔が蒼白で、衝撃だった”と説明。“白い防護服にくるまれたり、席の下に倒れたりしている患者もいた”」
《起訴状…旧経営陣3人は大地震が発生すれば原発に巨大津波が襲来して事故が起きると予想できたのに対策を怠り、2011年3月の事故を招き、原発から約4.5キロ離れた同病院の入院患者ら44人を死亡させた》
"避難先などで多くの患者が死亡した双葉病院(福島県大熊町)の看護師だった女性が証人として出廷し、「患者が亡くなったのは、原発事故が原因だった」との見解を示した。"
看護師だった女性が証人として出廷し、「患者が亡くなったのは、原発事故が原因だった」との見解を示した。
まーた。毎日新聞はゴシップな表題で。報道の名前でワイドショーするのやめろよ本当。
悪意の印象操作、もはや新聞ではなくアジテーター。津波対応での不幸な事故と何故書けぬ、日本にいらない業界。


原発は経済的な合利性の範囲では、十分なリスク管理ができない。すべて廃棄をしなければ、再エネの普及の妨げになる、お荷物だ。
誤解しそうなタイトルだけど、原因は「放射能」ではなく「原発事故」だ、という証言ですから
どう聞いても自分たちへの非難をかわす目的で原発に責任を押し付けているようにしか見えないな。#双葉病院 が普通の病院ではなかったことは事実。
「起訴状などによると、旧経営陣3人は大地震が発生すれば原発に巨大津波が襲来して事故が起きると予想できたのに対策を怠り、2011年3月の事故を招き、原発から約4.5キロ離れた同病院の入院患者ら44人を死亡させた」
東電訴訟:
関係機関の連携不足や長時間移動、避難先の医療環境
長時間の移動中に、バスの中で既に亡くなっていた患者…
"看護副部長はまた、避難先に到着するまでの長時間の移動中に、バスの中で既に亡くなっていた患者に気づいたことを明かし、「顔がそうはくで、衝撃だった」と説明。「白い防護服にくるまれたり、席の下に倒れたりしている患者もいた」と当時の過酷な状況を振り返った。
>関係機関の連携不足や長時間移動、避難先の医療環境などが原因で患者が亡くなったと主張した。(¯―¯٥)?
「旧経営陣3人は大地震が発生すれば原発に巨大津波が襲来して事故が起きると予想できたのに対策を怠り、2011年3月の事故を招き、原発から約4.5キロ離れた同病院の入院患者ら44人を死亡させた。」
-
「(原発事故が起きず、患者が避難先から)双葉病院に戻ることができれば、医療器具や薬が使えたので、もう少し(命を)保てた」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR