TOP > 政治・経済 > 川辺川ダム:熊本県知事の建設白紙撤回から10年 「ダムによらない治水」の今は - 毎日新聞

川辺川ダム:熊本県知事の建設白紙撤回から10年 「ダムによらない治水」の今は - 毎日新聞

39コメント 2020-07-04 12:38 | 毎日新聞キャッシュ

 熊本県の蒲島(かばしま)郁夫知事が、球磨川水系で進められていた国の川辺川ダム建設計画の白紙撤回を表明して11日で10年となった。表明1年後に誕生した旧民主党政権が中止を決断し、ダム計画は休眠状態となったが、特定多目的ダム法に基づく廃止手続きはとられておらず、ダム計画は法的に今も生きている。ダムによ...

ツイッターのコメント(39)

ダムなんていらねーという2018年の記事ですん。

氾濫しました~

しょうがなくね?
コンクリートから人へ
と言っていた連中はどう責任取るのかな?
コンクリートから人へ
じゃなくて
コンクリートから濁流へ
になっちまったなぁ
民主党政権時に〜
あったらどうなってたのかな?

コレは批判と報道しないの?
結局、国はサボタージュしてるんだよね。自分達がやりたかった「ダム工事」をやらないで河川改修で洪水防止なんて知るかよ。そんな事したらダムが要らないの全国にバレちゃうよと。
もしやと思って調べたらまた2009年に民主党に投票した人の望んだ世界だった。
_φ(・_・メモ

〝 「『現在の民意』は川辺川ダムによらない治水を追求し、いまある球磨川を守っていくことを選択している」。(中略)蒲島知事は世論を根拠に川辺川ダム計画の白紙撤回を表明した。〟
当時の知事レベルや市民感情では不要なダム、という認識だったのも事実。
治水事業というのは、それでもやるってのが大事なのかもしれませんね
このダムがあったら、被害の大きさは変わっていたかな?
こんな記事が2018年にかかれてるのか。
…蒲島知事は『世論を根拠』に川辺川ダム計画の白紙撤回を表明…

大変なことになったな。
またダム建設中止からの氾濫…
地震大国の日本は地盤が緩みやすいんやから、一時的に金が浮いて数年は大丈夫やとしても、雨でゆるゆるになって氾濫とか土砂崩れとかあるよ…
お上の策が気に入らないなら、君達どうなっても知らないっていう
>誕生した旧民主党政権が中止を決断し、ダム計画は休眠状態となった
止めた旧民主党の責任だけでなく、当時の県知事や再開しなかった自公政権ともに災害の予見可能性等に基づき、今回の災害の検証をして、同じ事が起こらないようにすべき😠
毎日
>ダムによらない球磨川水系の治水を考える国、県、地元自治体の協議は決着しておらず、計画が息を吹き返す可能性も  

氾濫したのはこの川……八ッ場ダムと同時期に計画再開してれば
ダムによらない治水とはなんだったのか
川辺川ダム:球磨川水系。熊本県知事の建設白紙撤回から12年 「ダムによらない治水」の今 -

旧民主党政権が中止を決断し、ダム建設白紙撤回決定した当時の蒲島知事の責任は重い。
結局これも民主党政権が引き起こした人災ってことかー
疫病神というか悪夢…いやほんと地獄だったんだなあの政権
こんなのも理由の一つだとしたら…

防げたり、被害を軽減できたかもしれないと思うと、重いよね
@KumamotoPre_koh >熊本県の蒲島(かばしま)郁夫知事が、球磨川水系で進められていた
>国の川辺川ダム建設計画の白紙撤回を表明
>計画が息を吹き返す可能性も
>残っている。【福岡賢正】
答え合わせ。

またもや民主党ですねー
どうすんの、コレ。
熊本の川辺川ダムの件を民主党を叩く燃料にしてる人がいますが、先にダム建設計画の白紙撤回を表明したのは蒲島知事(当時)

「『現在の民意』は川辺川ダムによらない治水を追求し、いまある球磨川を守っていくことを選択している」
民主党の害は未だに続く。
熊本県民よ。
計画はストップで廃止になったわけではない…か…
これも悪夢の民主党の負の遺産かよ!
民主党も白紙撤回していた様子、八ッ場ダムは作られて関東助かったけど。熊本は……
この結果が本日の大災害か。民主党政権、後の世に害悪もたらしすぎ。
水害で結局ダムを作ることになるんだろうな。
@osorezugoing その後、10年以上、治水のあり方を「検討中」です。「「ダムの事業主体である国が論議を主導する限り、現実的なダムの代替案は出てこない。10年やって結論が出ないのはやり方が間違っているからで、県が主導し、ダムに批判的な専門家も加えて検討すべきだ」と」>毎日 2018/9
千曲川といい脱ダムされたとこその後の対策何もとってないんだな。

悪夢の民主党政権
なるほどなるほど。
八ッ場ダムと川辺川ダム、見事なまでの対比になりましたなあ。

これ知事責任取れるのか?あと建設予定だった地元住民。
それで…2020年7月に大雨で熊本が水浸しと…悪夢の民主党政権というが…夢だったらどれだけ良かったか?最悪の傷痕が残された現実💢
> 熊本県の蒲島郁夫知事が、球磨川水系で進められていた国の川辺川ダム建設計画の白紙撤回を表明
>表明1年後に誕生した旧民主党政権が中止を決断し、ダム計画は休眠状態となった
現在の民意』は川辺川ダムによらない治水を追求し、いまある球磨川を守っていくことを選択している」。2008年の9月県議会の冒頭、蒲島知事は世論を根拠に川辺川ダム計画の白紙撤回を表明した。ただし「『未来の民意』については、人知の及ぶところではありません」
「2008年の9月県議会の冒頭、蒲島知事は世論を根拠に川辺川ダム計画の白紙撤回を表明した。」って段階で、もうね...。
やっぱコイツら悪夢の政権だったな
以上
 

いま話題のニュース

PR