TOP > 社会 > 白神山地:ブナ巨木「マザーツリー」折れる 台風21号で - 毎日新聞

白神山地:ブナ巨木「マザーツリー」折れる 台風21号で - 毎日新聞

14コメント 2018-09-07 20:22 | 毎日新聞キャッシュ

 世界自然遺産・白神山地(青森、秋田両県)のシンボルで、樹齢400年以上のブナの巨木「マザーツリー」(青森県西目屋村)が、幹の途中で折れていたことが分かった。日本海側を北上した台風21号の強風で折れたとみられる。東北森林管理局津軽森林管理署は7日、被害状況を調査し、周辺を立ち入り禁止にした。...

ツイッターのコメント(14)

結局防腐処置をして現地保存だそうだが、自然を呼号する輩ほど反自然的な行為をいともたやすく行われるえげつない行為ゴホゴホ。枯死したら萌芽更新によりニッチが埋まるのを待つのが自然保護では。
今年の6月に生で見たけど、かなり大きかったぞ。
その木が折れるなんて、青森秋田に上陸した台風21号は相当強かってんな。
マザーツリーを見上げるわてくし
自然は自然に任せるのが一番だとはいえ、この台風の多発は人為的なものかもしれない。そのためにのんびりとした世代交代もできない。
ゆるやかに流れる自然の時間。木々も静かに眠りにつくのだろう。
残念…だけど村長さんのコメントがかっこいい。
>この姿も縄文から続く自然のサイクルの一コマであると思う 深いコメント。
うそっ、悲しすぎる。
(´⊙ω⊙`)せつないなー、でも樹は生きてるはずだから
自然のサイクル…ほんとにそう思う
折れちゃったんだ。命あるものいつかは🙏
台風21号は世界自然遺産にも牙をむきました。白神山地のシンボル、樹齢400年以上のブナの巨木「マザーツリー」が、幹の途中で折れていることが分かりました。
以上
 

いま話題のニュース

PR