TOP > 社会 > 経産省:公文書記載の見直し検討 「個別発言不要」指示で - 毎日新聞

経産省:公文書記載の見直し検討 「個別発言不要」指示で - 毎日新聞

11コメント 2018-09-04 19:30 | 毎日新聞キャッシュ

 経済産業省は4日、省内外の人物と折衝した際に作成する公文書に「個別の発言まで記録する必要はない」などと指示した内部文書について、記載内容の見直しを検討することを明らかにした。...

ツイッターのコメント(11)

経産省、管理は強めても、文書作成で隠蔽したら何の意味もないし!
安倍政権お得意の無意味化ってスサマジイよね!
組織ぐるみで隠蔽しまくり!
国民を欺く行為、怒らないと本当のバカだよね!#クロス
■公文書記載の見直し検討 「個別発言不要」指示で(毎日新聞)

経済産業省は4日、省内外の人物と折衝した際に作成する公文書に「個別の発言まで記録する必要はない」などと指示した内部文書について、記載内容の見直しを検討することを明らかにした。
経産省が、公文書に政治家などの個別の発言まで記録する必要はないなどと指示した内部文書について見直しを検討することを明らかにした。反社会的集団に転落する一歩手前で漸く踏み止まった形だ。これも毎日新聞の報道がきっかけである。権力の監視はメディアの最重要業務だ。
ふざけんな()ノ ・゚・┻┻゚・
経産省の公文書問題。
内部文書を作成した情報システム厚生課の山内輝暢課長「後付け検証できるのであれば必ずしも文書の様式にはこだわらなくていいという説明を省内で行った」「誤解を招いたのであれば、この資料を今後も使用するかも含めて見直しを検討したい」と述べた。
▶「後付け検証できるのであれば」
⭕後日の検証は複数の澪筋があるから、内容の正確性を検証できる。
 何より官僚への信頼性が失われているという自覚がない輩。
「公文書記載の見直し検討 「個別発言不要」指示で」


この中の「誤解を招いたのであれば本意ではない」は、「誤解を与えたのであれば謝罪したい」と同様、何も言ってないに等しいおかしな表現。
空洞論法。
特報グループの報道で浮上した経産省の議事録を巡る問題。経産省はきょう、議事録について記した内部文書の見直しを検討すると表明しました。今後の具体的な対応が注目されます。

経産省:公文書記載の見直し検討  - 毎日新聞
個別発言まで記録すると職員の負担になるなら、全部録音しておけばいいと思う。情報公開請求があれば、録音を提供すれば後づけ検証は可能。 / 経産省:公文書記載の見直し検討  (毎日新聞)
政治家らとの折衝を記録した公文書で、経産省が「議事録のように個別の発言まで記録する必要はない」と記載した内部文書を作成していた問題で新たな動きです。
以上
 

いま話題のニュース

PR