TOP > 社会 > 空飛ぶクルマ:海外で開発競争加速 日本も議論を本格化 - 毎日新聞

空飛ぶクルマ:海外で開発競争加速 日本も議論を本格化 - 毎日新聞

22コメント 登録日時:2018-08-20 21:16 | 毎日新聞キャッシュ

 政府は「空飛ぶクルマ」の2020年代の実用化に向け、年内に官民協議会を開きロードマップ(行程表)を策定する。自動車の電動化や自動化の流れが将来「空」にも広がると見て、海外では次世代移動サービスとして開発競争が加速。日本でも技術開発や安全確保などの議論を本格化させる。...

ツイッターのコメント(22)

🚘空飛ぶクルマ💫

日本でも2020年代の実用化に向け、年内にロードマップ策定の動きがあるそうです。
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で描かれた未来のクルマが実現される!
"
子供の頃見た絵本、未来の車は空飛んでたけどwそんな時代が来るのか⁉
EV、自動運転、ドローンと海外が開発してるのを横目に独自技術に拘ったり規制かけたりして世界からはぐれてしまったので、2020年もある事だしとスイッチが妙なタイミングで入ってしまった感じ。
こんなもん開発してる場合か?五輪でお披露目する優越感なんて感じてる場合ではない。マイクロプラスチックやら温暖化を防止できる物を考えろ。
夢あるなぁ(*´∇`*)
乗ってみたい♪
日本で空飛ぶ車やってるとこあるのかなー
とにかく楽しそうだし興味ある
エアバスが作ってるという電動で飛べるやつに期待している。
ホバーパイルダーじゃないか>
空飛ぶクルマか。技術的課題を克服できたとしても,最初はかなり大がかりな装置になりそうやね。タケコプターに乗って しずかちゃん家の2階の窓から入る なんてのは夢のまた夢か

>
空飛ぶクルマ、想像するだけでワクワクします(^_^)
世界に先駆けて、日本の事業者にぜひ完成してほしいですし、日本で実現するための法整備を国会でドンドン進めてほしいです。
自動車に時間とお金を吸収されている身としては、まずは道路上の完全自動運転から優先してほしい。
空飛ぶクルマ:海外で開発競争加速  via
ブレードランナーか
広大な米国とは条件が違う
人の少ない過疎地ならともかく、少なくとも首都圏では止めるべきである
今の技術では、複数のプロペラの一つでも止まったら即墜落‼
騒音も相当大きくなると想定される
記者は、そういう観点からの論評もすべきだ⁉
「空飛ぶクルマ」。海外で実用化に向けた開発が米配車大手のウーバー・テクノロジーズなどで進んでいます。 日本でも、政府が年内に官民協議会を開きロードマップを策定するということです。
本当にそんなのができたらすごいよ!不可能ではない気がする!
議論してくれるのは勝手だが、騒音に対する想像力が足りなくはないですか?
頭の上をブンブン爆音を轟かせながら大型ドローンが飛んでるのを想像して下さい。
私なら勘弁して貰いたい。
先に空の道、航路の考えを整理すべきだろう!
オスプレイですら配備反対してんのに、こんなの飛ばせるかよ。バカジャネーノ
これぞ未来。事故や渋滞が無くなるのはいいなぁ。
空飛ぶクルマか。まあ仮に実現しても100年以上後の話だろうが免許には60歳未満という制限を付けてくれ、空飛ぶクルマでの老害被害なんてシャレにもならない。
日本も議論を本格化(4コメント) :  政府は「空飛ぶクルマ」の2020年代の実用化に向け、年内に官民協議会を開きロードマップを策定する。自動車の電動化や自動化の流れが将来「空」にも広がると見て…
以上

記事本文: 空飛ぶクルマ:海外で開発競争加速 日本も議論を本格化 - 毎日新聞

いま話題の記事