TOP > 社会 > 特集ワイド:水道民営化は必要か 料金高騰、水質悪化…海外で失敗例続出 運営業者監視にも限界 安倍政権は推進、識者ら懸念 - 毎日新聞

特集ワイド:水道民営化は必要か 料金高騰、水質悪化…海外で失敗例続出 運営業者監視にも限界 安倍政権は推進、識者ら懸念 - 毎日新聞

33コメント 2018-07-24 14:12 | 毎日新聞キャッシュ

 政府はなぜ、水道事業の民営化を後押しするのか。22日に閉会した国会で水道法改正案は成立せず、継続審議になったが、秋の臨時国会で再び審議される見通しだ。実は、民営化は海外で失敗例が相次いでいる。本当に必要なのか検証した。【井田純】...

ツイッターのコメント(33)

今回のタイミングでこれがあまり読まれないのは筆者のせいだけではない、と
安倍、麻生の両氏は他国の失敗事例研究不十分で野党の質問に適切に答弁できず面倒と強行採決。民間企業が買取るのは高額買戻し期待だ。パリに学べ 水道民営化は必要か
水道も欧米の金融資本(ヴェオリア等のロスチャイルド系)に売り渡す安倍政権のねらいはなんなのか?今の自民党は欧米の巨大資本に迎合する動きがめだつが(農産物の種開発など)-
民営化すれば金がかかるインフラ整備は真っ先に切り捨てられます。こんな愚策を強行するのはもはや国民を守る国家ではない。
水道民営化しようとしてたとか知らんかった。アメリカとか欧州の例を見れば、水道の民営化がいかにクソかわかるもんだが。
恐ろしい法案が国会でしれっと審議入りしています
水道民営化は必要か 


13年、安倍首相が議長の「産業競争力会議」で資料をまとめたのは竹中平蔵氏。2日後、麻生財務相は米で水道事業を「すべて民営化します」と大見え切った。
水道民営化法案。首謀者は産業競争力会議のメンバー派遣会社パソナ取締役会長竹中平蔵氏。働き方改革でも活躍。
政府はまた水道民営化目論んでる…外国の例を見てもツケは住民に回ってきてる。法案止めないといかんね。
水道公営化...「規制緩和で政権に近い人たちが利権を得るとすれば、...のクローニー(縁故)資本主義と同じ..」、、なるほど。。。ナリ
料金高騰、水質悪化…海外で失敗例続出..安倍政権は推進、識者ら懸念 - 毎日新聞
22日、参院厚生労働委員会で審議入り
風呂も入れなくなる😱😱😱
公共性の高い「水道」その民営化には絶対反対。

国鉄→JRより、郵政民営化より、直接命に関わる「水」です。
国内での議論の前に米国に約束してくる麻生さんにも不信感しかないです。
の動きが本国会であったようです。知らなかった。秋の臨時国会でも議題に挙がるよう。電気は民間参入へ緩和、水道も同じ動きがってことですかね?電気は既存で自家発電があるけど、水道は既存のなにかってあるっけ?これはなかなか難しいのでは?
世界の事例、水道事業の特性、産業競争力会議の資料作成に竹中平蔵の名前と、全てが民営化=身近な取り巻きへの利権バラマキ構造ではないか?

-
安倍政権(オリガーキ)は推進、識者ら懸念 - 毎日新聞
いくら話題不足であっても民営化には理が無いように見える。
海外で失敗続きの水道民営化。絶対に日本で民営化させてはいけない。
民営化などまったく不要!!
秋の臨時国会で、強行採決目玉法案。
必要だからやるんじゃねーんだよ。アメリカに売り渡すためさ
- 政府はなぜ、水道事業の民営化を後押しするのか。
水はさ、命に直結した天然資源で、日本はこれを守るべき。水道管は公費で交換されるべきだし。豪雨災害の被害で治水の重要性をしみじみ。水道の民営化は絶対にしてはいけないと思う。
水道民営化を毎日はちゃんと批判的に報道。朝日は何やっとる!
政府はなぜ、水道事業の民営化を後押しするのか。民営化は海外で失敗例が相次いでいる。
昨日の夕刊での (水道私営化)の記事
安倍政権は強行に進めてるが…
"この2日後、同会議にも出席した麻生太郎・副総理兼財務相は米シンクタンク「戦略国際問題研究所」(CSIS)で講演し、質疑応答で水道事業を「すべて民営化します」と大見えを切った。"
''水道民営化をめぐる最も悲惨な事例として知られるのが南米ボリビアだ。世界銀行が同国への融資条件として、第3の都市コチャバンバの水道民営化を要求。1999年に米国企業に事業が売却されると、水道料金は倍以上に跳ね上がった。''
運営業者は帳簿上の赤字を膨らませて収益はタックスヘイブン(租税回避地)に隠しました。水道管更新などの設備投資を逃れたのです」。結果、水道料金は3倍に高騰、水道管の老朽化による漏水も増大したという より引用
必要なわけないじゃん。もっと書け毎日。
凄く丁寧な記事。水道民営化の資料をまとめたのがパソナグループ取締役会長竹中平蔵氏とまで書いてある。
水道民営化を言い出したのも竹中平蔵だったのか……ダメじゃん。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR