TOP > 社会 > 地震:大阪震度6弱 大阪市長「全休校」で混乱 1時間22分後ツイッター「超法規的措置」 市教委は先に「校長判断」 - 毎日新聞

地震:大阪震度6弱 大阪市長「全休校」で混乱 1時間22分後ツイッター「超法規的措置」 市教委は先に「校長判断」 - 毎日新聞

10コメント 2018-06-22 10:57  毎日新聞

 大阪府北部で震度6弱を記録した18日朝の地震で、大阪市は同日、全市立学校を休校とした。しかし、一部で授業を継続した学校もあり、対応は割れた。市の地域防災計画では、休校判断は校長が行う決まりだが、吉村...

ツイッターのコメント(10)

@adachiyasushi ならまず「登下校時に地震が起きたときの対応」みたいなどこでも作ってるような基準すら作れないおたくのところの大阪市長 @hiroyoshimura を何とかしたほうがいいのでは?
@hashimoto_lo 先日の地震の時も吉村市長と市教委連携が取れていなかったが教委はこの情報化の時代に対応が遅すぎる
9時7分一斉休校をを決め市教委に伝えているのに、9時58分に市教委は各学校に「休校しない学校は〜」とメールしている。その後すぐに電話で臨時休校を1校ずつ電話で伝え、その後11時4分に一斉休校のメールを送る。辻褄が合わないよ。
″教育委員会と学校の連携の問題だ″なんかすげえわ。全文を見ないことには何とも言えない部分はあるが、自分が最高責任者だという自覚はあるんだろうか。 /  1時間22分後ツイッター「超法…”
誰がどう決めるかは色々議論があっていいけど、ここが最悪。いかにも維新っぽい。→ (吉村市長は)”現場の意思疎通がうまくいかなかったのは、「教育委員会と学校の連携の問題だ」と述べた” /  大阪市長「全休校」で…”
情報の錯綜が対応する者からするとどれだけ邪魔なものかご理解いただけないようで。
「決断できるオレ」アピールでスタンドプレーを行い現場に混乱を招いた末に、意思疎通がうまくいかなかった責任を「教育委員会と学校の連携の問題」などと現場に押し付ける、いいカッコしいで無責任な市長であった。
手続きをしらないのと超法規的措置は違うよ / - 毎日新聞”
人のせい、かっこわるいおとな
そもそも「超法規的措置」って自治体の長の緊急対応に使う言葉?
仮に法律を超えた行動をしたなら、厳しい事後検証をせにゃならんのですが。
この人、本当に弁護士資格持ってるの?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR