TOP > 社会 > 行方不明:認知症が原因 昨年1万5863人 5年連続増 - 毎日新聞

行方不明:認知症が原因 昨年1万5863人 5年連続増 - 毎日新聞

10コメント 登録日時:2018-06-14 12:23 | 毎日新聞キャッシュ

 昨年1年間に全国の警察に届け出があった行方不明者のうち、認知症が原因だった人は1万5863人(前年比431人増)で、統計を取り始めた2012年以降、5年連続で最多を更新したことが14日、警察庁のまとめで明らかになった。不明者全体が8万人台で横ばいで推移する中、認知症の人が占める割合も12年に比べて...

Twitterのコメント(10)

そういや亡き祖父もボケて大正時代に暮らしてた四ッ谷で保護されたとか。
深山生まれの人がボケて廃村の故郷に帰ったら危ないかもね
そんなに行方不明が⁉️😨
より一層見守りの強化対策が必要ですね!
>>ウチの利用者さんも在宅時たまにいなくなることがある。GPS持ってる方もいるにはいるけど、『常に持つ』ということがまず難しい部分もあるような。
『トランプは地球的にはテレビなんか信じて居ない。私は共感出来ます。SNSで語れないトップはグズです。いっちゃった!?よ)』 裕
レンホウ先生、やりました、埼玉が2位です
認知症適齢期になっているからね、注意しなくては。→
島根w→◇昨年の認知症の不明者は男性8851人、女性7012人。都道府県別の届出数は大阪の1801人が最多で、埼玉1734人、兵庫1396人、愛知1341人、東京1284人と続き、最小は島根の38人。 / “行方不明:認知症が原…”
5年で約倍…/
不明者全体を年代別でみると、80代以上は6割増となりました。
以上

記事本文: 行方不明:認知症が原因 昨年1万5863人 5年連続増 - 毎日新聞

関連記事