TOP > 社会 > 甲状腺がん:福島県外の子どもらに重症化傾向 - 毎日新聞

甲状腺がん:福島県外の子どもらに重症化傾向 - 毎日新聞

61コメント 2018-03-01 21:10 | 毎日新聞キャッシュ

 NPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」(事務局・東京)は1日、東京電力福島第1原発事故後、甲状腺がんと診断され療養費を給付した114人(福島県内84人、県外30人)のうち、県外の子どもらに重症化の傾向があることを明らかにした。甲状腺の摘出手術後、再発の危険性が高いとして放射性ヨードを服用する「アイソトープ治療」を受けたのは福島県内2人(2%)に対し、県外11人(37%)だった。...

ツイッターのコメント(61)

@ItouKino 過剰診断なら成人の甲状腺がんが、10歳前後から発症???
報道で福島県外の症例が重症化と。白血病の池江選手が治療の苦しさをツイートされていますけれど、甲状腺がんもRI治療になると特に大変です。
国内外の知見で、予後を判断できるはずです。隠蔽でなく最善の対策を
事故から8年あの時間に東京でも外にいたし雨も降ったし身体に蓄積された物質がそろそろ本気出すかもしれない
良く調査する必要があるでしょう。
@komari00315865 @JUNoqdHdVLXAd7L 甲状腺がんについての事実はこちら
今年3月的新聞,然後核終的解釋是潛伏期五年,所以不一定是受到影響,且數據來看不算高出很多。講這什麼幹話!
@online_checker タダチニーの責任追及をしてもいいと思うのです。

>原発事故との因果関係は不明
→だが、無関係とは言い切れない。因みに自民党はこれだけでボロクソにされていますからね…
『早期発見につながり、重症化を抑えている』
症状のない人間に検査をしている福島
他県は症状出てから、いわゆる治療が絶対必要な人
だからこれは当たり前のこと
- 毎日
"福島県は事故当時18歳以下だった人を対象に甲状腺検査を継続しており、同基金はこの検査が早期発見につながり、重症化を抑えていると分析。"→
安倍政権の一連騒動が「事故による影響は幾らでも隠蔽、改竄できる」をわざわざ証明してしまった。
「放射性ヨウ素が拡散したとされる東日本の1都15県で暮らしていた25歳以下(事故当時)の人を対象に、甲状腺がんやがんの疑いと診断された場合、一律10万円を支給」…1都15県。→
本当にやめろ
うーん。これはどういうことだ?
放射性ヨードを服用する「アイソトープ治療」をした方が再発率が高いってこと??
福島の事故は何ひとつ終わっていない。国と東電の責任を追及していかなければならない。
これで安心できるわけあらへん・・・
いわんや、福島においては
放射脳な方々は、福島県内の子供に甲状腺ガンの症例が少ないとわかると、今度はこんなふうにして、福島を貶めようとするのか…🤤🤤🤤
甲状腺がんと診断され療養費を給付した114人(福島県内84人、県外30人)

「アイソトープ治療」を受けたのは福島県内2人(2%)に対し、県外11人(37%)
重症化 大人の責任
仏放射線防護委員会は最も汚染された場所として4県あげている。県外だから安全とは言えない。、、、
ぶっちゃけこのデータで傾向は語れないところから始まって徹頭徹尾酷いのどうにかならないのマジで。ぐぐってみた感じこの沢田石洋史って記者科学部じゃないよね?科学部にチェックしてもらわなかったのなぜ
食べて応援、って言ってたよな?
政府自民党?
←普通に考えて、県外の方が重篤なら福島関係無いだろ。この「3・11甲状腺がん子ども基金」と ってバカなの?しぬの?
「福島県の子どもだけが検査を受けるのは一種の『差別だ』と言う人もいるが、本来は国の責任で関東などを含む広範囲で実施すべきだ」
甲状腺癌 福島県外の子供らに重症化傾向:毎日
「福島県は事故当時18歳以下だった県民を対象に甲状腺検査を継続…早期発見につながる一方、県外の場合、自覚症状が表れるなどして癌が進行してから治療を受ける等、発見が遅れがち」…ψ(。。)
「福島県の子どもだけが検査を受けるのは一種の『差別だ』と言う人もいるが、本来は国の責任で関東などを含む広範囲で実施すべきだ」
甲状腺の摘出手術後、再発の危険性が高いとして放射性ヨードを服用する「アイソトープ治療」を受けたのは福島県内2人(2%)に対し、県外11人(37%)だった。
毎日新聞も、NPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」の言説を垂れ流している。
IWJによると高浜原発止めた弁護士か。やっぱりな。
"同基金の副代表理事、海渡雄一弁護士は「福島県の子どもだけが検査を受けるのは一種の『差別だ』と言う人もいるが、本来は国の責任で関東などを含む広範囲で実施すべきだ」と述べた。"
おいおいおい…と思ったら安定の毎日新聞でしたー。関東南東北圏外の一般群との比較持ってきてから同じ記事書けるなら書こうねー
医学知識がないネトウヨは5年経った今でも何もないから原発は安心とか言うけど、腫瘍に関連する確率的影響なんてものは10年位かかるもんだし、本当に国を思うなら右も左も原発を廃して核保有議論行うのが正解だゾ
なんで別のものを同じ基準で比較するの?
“原発事故から7年となるのを受け、3日午前10時~午後4時、甲状腺がんに関する電話相談(フリーダイヤル0120・966・544)を実施。医師4人が対応。”
ついに明るみになってきたフクイチの健康被害の実態
スクリーニング検査で早期診断・治療をしていない、福島県外の方が重症率が高いと。がんの進行が止まる、もしくは極めて遅くなる症例ばかりなら、こうはならないですよね。
引っ越しをしてからもうすぐ2年。バタバタしてるし余裕もないので検査に行けていない。まだ原発事故が起きてから7年。これからも経過観察していかなくちゃいけないよね。
この結果が何を意味しているのかを考えなくてはいけない。
このまま検査を進めることはすべて専門家の責任だと思います。
まだ毎日新聞はこんな放射脳デマを撒き散らすのか。既知の甲状腺がんと比較してからモノ言えや。
正にフェイクニュースメーカー。
日本と日本人はどこに行きたいのだろうか。
ん?これどゆこと?全摘出してないってこと??順番おかしくない??
早期発見にもっと国がチカラを貸すべきだ。
この他にも、甲状腺癌の手術後に再発する子供の例が少なくないとの報告もある。
「チェルノブイリの教訓」が活かされてこなかったツケは確実に子供たちを蝕んでいる。
#原発事故
「福島県の子どもだけが甲状腺検査を受けるのは一種の『差別だ』と言う人もいるが、本来は国の責任で関東などを含む広範囲で実施すべき」
福島県外の子どもたちに重症化傾向
国の政策として建造した原発の事故により被害を受けた人々の検査・治療は、国の責任として行うべきものと思いますが。
甲状腺の摘出手術後、再発の危険性が高いとして放射性ヨードを服用する「アイソトープ治療」を受けたのは福島県内2人(2%)に対し、県外11人(37%)
このNPO法人がどういう連中か調べてから記事を書くべきだったのでは。
こどもが甲状腺がんになる可能性はゼロではない。そうね、ゼロではないね。
UNSCEAR(国連科学委員会)報告書すらまともに報道しないNHKが、それに反する一民間団体ばかり何度も報道し寄付を募る。
それは、公営放送の在り方として間違っています。
福島は早期発見できているが、他県は自覚症状が出てから治療するため→
2018.3.1
「福島県の子どもだけが検査を受けるのは一種の『差別だ』と言う人もいるが、本来は国の責任で関東などを含む広範囲で実施すべきだ」
本来は国の責任で。まさにそうだと思う。
検査すれば見つかることは事故と関係なくわかっていた筈なのに…内部に止める人がいればこうならなかったんでは?今からでもすぐに止めるように進言する人はいないんだろうか?
検査受けるのは当時福島県に住んでいた子供で十分でしょ。そもそも放射性ヨウ素の半減期って七日だし関東全域に及ぶような広範囲に拡散するんか?
スクリーニングが図らずも良い効果をもたらしたということか。ただ、記事は原発事故との関連は分からない、という点をもっと強調するべきでは。
「県外の場合、自覚症状が表れるなどがんが進行してから治療を受けるケースが多く、福島県民に比べて発見が遅れがちとみている。」
海渡雄一弁護士:「福島県の子どもだけが検査を受けるのは一種の『差別だ』と言う人もいるが、本来は国の責任で関東などを含む広範囲で実施すべきだ」(記事)
国がしないからやるんだ救済。基金から救済を、
福島県は事故当時18歳以下だった人を対象に甲状腺検査を継続しており、同基金はこの検査が早期発見につながり、重症化を抑えていると分析。
以上
 

いま話題のニュース

PR