京大卒の芸人「学生時代を京都で過ごすと、京都の魔力に取り憑かれる」に共感の声 強制退去理由も京都らしかった|まいどなニュース

ツイッターのコメント(17)

昔々受験生のとき、憧れていたここにも願書を出した。一次で足切りされて記念受験も叶わなかったけど、あの時もし万が一受かってたらどんな人生になっただろうか、とたまに考える。
住み良い街から越した身としては地元の良さを存分に感じている今日この頃。
私は龍谷大学大宮キャンパスの裏手の祖母宅に住んでいて、夏はめっちゃ暑くて冬はめちゃくちゃ寒い記憶があります。市電が走ってるところにある、錦市場かそれっぽいところのお味噌やさんで桶に丸く山に盛られてる味噌を祖母が買ってたものです。京都は麻薬よね。
全然スノ関係ない話
大学時代を京都で過ごした人がもしいたら読んで……めちゃくちゃ分かる……私も学生時代の京都から魂抜け出せてないと今気づいたわ……
学生時代を京都で過ごしてなくても京都の魔力に取り憑かれるやつもいるしな
めんどくさいよ、京都人コミュニティって。生まれも育ちも京都で一回外出ると二度と住みたくなくなるぜ。
あんまり縁がないから実感ないけど、魅力ある街なんやと思う

京都の魔力にとりつかれる人がいるのも納得できる。
お陰様で卒業後県外移動してもしょっちゅうお邪魔しとります(^^ゞ
京都の魔力に共感🥰
私も魔力に取り憑かれた一人です。いつかまた住みたいなあ。
まあ、住んでいると愛着がわくんですよねw
学生時代京都で6年過ごした。その後福岡、大阪、岡山などに移り住んだけど、離れる時に涙が止まらなかったのは京都だけだった。けっして住み良い街じゃないけど、中毒性の高い魅力のある街。
もし、きみが、幸運にも、青年時代に京都に住んだとすれば、きみが残りの人生をどこで過ごそうとも、それはきみについてまわる。なぜなら、京都は移動祝祭日だからだ。
京大生にはならなかったが、京大とは少しばかりご縁がある。
また遊びに行こうかな。
以上
 
PR
PR