旭川・女子中学生凍死事件「まず聞き取りすべきは教頭」 小川泰平氏が動かない第三者委に苦言|まいどなニュース

凍死した廣瀬爽彩さんの誕生日となる9月5日、旭川市の永山中央公園に持参した花を手向け、冥福を祈る小川泰平氏 今年3月23日、北海道旭川市内に住む当時14歳の中学2年生だった廣瀬爽彩(さあや)さんが雪の...

ツイッターのコメント(47)

旭川の闇の深い。
第三者委員会なんかより警察に調べさせたら┐('д')┌
ーこれこそマスメディアは真相を究明するべきでしょう。
時間稼ぎのために、第三者委員会を作っただけでは?
そのうち、わかりませんでした!って、解散しそう😢
『旭川市の14歳凍死事件 関係者への聞き取りをしていない第三者委員会に苦言』
くそ教頭。。
ろくに指導もしないで10人の犯罪者を擁護する教頭
中山岳教頭が矢面に立たされていますが、組織ぐるみの犯罪の場合、元凶は他にいるはずです。金子圭一校長はどうなさっているのでしょうか。
教育委員会解体せよ
冬でもないのに抗議デモの一つもおこさない旭川市民全体の問題。
 
PR
PR