靴下3足1000円が招いたもの「一度失われた技術が復活することは困難」国内生産9割減、業界の苦悩と“意地”|まいどなニュース

ツイッターのコメント(10)

そろそろ衣替えの季節で、靴下屋などの弊社の店舗に来て「高っ!?」っとレジでなる方も多いと思います

なんで他社と比較して高いか、なんでプロパー 中心なのか、以前お話した内容をまいどなニュースさんで以前インタビューしていただいたので、置いておきます。

1号
Tabio の問題提起に賛同。

自分としては履き心地を確認したいこともあり、「3足1000円」の靴下を購入するのは避けています‥。
良い物を知らないで安価な物しか知らない人は多いんじゃないかな?
安ければ良いって確かにそれはありがたいが大事な物と引き換えに失う物の方が大きいと思ってる。
「いつか良い物を買おうと思っていたら、良い物が売り場から消えている」は本当にそう
高い靴下が臭わないのは実証済みで旦那も気に入ってるけど、穴が空きにくいソックスは出ないものかなぁ…
ほぼ立ち仕事のせいか旦那の靴下すぐ破れるし(補修の毎日)、破れるのに高いのは買いづらい現状…💦
ソックス類だけを見ると、国内市場で販売されている全数量に占める国産品の割合は、1990年には85%強あったものが、2020年にはほぼ10%まで低下しています。
私なんて3足千円どころか もはや100均の靴下でしのいでるよ~(>_<)
ほんと、どれだけの技術が日本から消えたのか…
に反応して記事読んだのですが(゚∀゚)…国産品を適価で愛用したいものです。(>_<)ゞ
悪いが靴下は消耗品と割り切っているので、ホームセンターに売っている5足で1000円もしない5本指靴下にしか興味ないんですわ
以上
 
PR
PR