TOP > ネタ・話題 > 「ソーシャルディスタンス」という“言葉の使い方”は大丈夫? 大学生が見つけた「人文学の抗議」に広がる共感|まいどなニュース

「ソーシャルディスタンス」という“言葉の使い方”は大丈夫? 大学生が見つけた「人文学の抗議」に広がる共感|まいどなニュース

神戸大の大学生が投稿した「フィジカルディスタンスの確保」を呼び掛ける張り紙(提供写真) 「フィジカルディスタンスの確保にご協力ください」――そんな張り紙の写真とともに「『ソーシャルディスタンス』という...

ツイッターのコメント(26)

まとめられてるで
「ソーシャルディスタンス」という“言葉の使い方”は大丈夫?ソーシャルディスタンス」は他者との心理的距離をとるという意味 孤立
「ソーシャルディスタンス」だと心理的距離。
俺もことさらアボカードとかジャクージとか言いたい方なので気持ちはわかる
「ソーシャルディスタンス」という言葉が他者との心理的距離を意味しており、「人とのつながりが希薄になり、社会的孤立が生じる恐れがある」ことからだとか。

↑なるほど。
これからは「フィジカルディスタンス」ですね。
分離の流れに一石投じてる
でも距離を取るに変わりなく
物理的に近い事が心理的にも近くなる
物理的に分離するのが一番早い分離効果
それを上回る精神の成長を願う
「ウェブサイト」と「ホームページ」の前例しかり、意味とか気にせず英語使って混乱する国なんだから、おとなしく日本語で言えばいいと思うの。
社会学的にいえばカタカナ語を使って独自言語とする日本の文化からソーシャルディスタンスはほぼ日本語の新造語という見方もできる。
マジでカタカナ英語広めようとするやつ死ね
間違ってても、一回広まった言葉は訂正されることはないんだよな。
もう、「ソーシャル!」って言葉でネタになる位まで
身近な言葉になってしまったんだから。
ごもっとも。
ココでも日本ガラパゴス全開。
守る人ほど孤独になって病んでいく。
糞な社会…

 大学生が見つけた「人文学の抗議」に広がる共感|まいどなニュース
ふむふむ〜 →
意味のわからないカタカナ言葉って、イラッとするね
(´・ω・`)
これはこれでそうやけど、何かみんな(レジ前でも電車でも)「前後間隔2メートル」だけ気にしてて、「左右2メートル」に関しては恐ろしく無視されてるんよね。。。。
@konotarogomame いつもありがとうございます💗😊
心の距離をあけましょうって寂しいよね。
そんな細かい言葉の指摘してたらきりないよ。馬鹿なのかな?意識統一が難しいよ。その他にも指摘した方がいい言葉は沢山あると思うよ。
小池さん嫌いじゃないけど、これはほんと謎単語
そしてミゾウユウを嘲笑してたメディアがこれには恭順で、メディアの教養もたかがって感じ

 大学生が見つけた「人文学の抗議」に広がる共感(まいどなニュース)
おー、実際に(物理的に)距離を取るのになぜ"social"なんだと思いつつも調べたりせずに放置していたがまさかこんな言葉があったとは知らなんだ

ふぃジカルディスタンス! ピューウ♪
ソーシャルディスタンスのせいで人々の間に心理的距離も生じてるから、あながち間違いでもないような…。もちろん皮肉の意味で言ってます。

【 大学生が見つけた「人文学の抗議」に広がる共感】
正しい英語をカタカナで書くと「ソーシャル・ディスタンシング」ですよね……と記事を見たら、ちゃんと説明があった。
ぐっどぐっど👏
必ずしも意味としての“正しい”が受け入れられるわけではない、という側面と、言葉は本来持つ意味以上のニュアンスを乗せて使われる、という側面。
どちらもありでしょう。
日本語文化は多面的だわぁ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR