けしからん日本は“おもろいこと”をやらない 登大遊氏が主張する、金持ち病になった日本企業に必要な行動 - ログミーTech

11コメント 2021-09-29 18:56 ログミー

例えば自分がエンジニアを目指したとき、どのように視野を広げればいいのか、漠然と不安を抱えたことはありませんか。そんな時、自分とは異なる“天才”の頭の中はどうなっているのか、その中身を覗いてみたいと思い...

ツイッターのコメント(11)

登大遊
「昔から構築してきたその生産手段という貯蓄が底を尽きかけていて。各社が持っている重要な生産手法は、…作り方を忘れていて。

イメージでいうと、船会社を運営する経営者なのに、自分の作る船は危ないからほかの会社の船に乗る、ぐらいの感じになっているんです」
"収益を回し続ける運営をするだけの事業運営者は、経営者ではありません。それは単なるサラリーマンです。常に新しいやり方を見つけ、それを実行して、実際に結果を伴わせるのが経営者です。"
「私みたいな変な人は日本に一万人いる」はウソでしょ…
ホントこれ

>金銭的安定を選択すると、おもしろさはなくなる

>常に新しいやり方を見つけ、実行して結果を伴わせるのが経営者
おもしろ自作モバイルネットワーク流行って欲しい
"現在の会社は、どうでもいいようなことを自分たちでやって、新しい開発などを外注しようとしています"/けしからん日本は“おもろいこと”をやらない 登大遊氏が主張する、金持ち病になった日本企業に必要な行動 - ログミーTech
けしからん日本は“おもろいこと”をやらない 『おもしろいことをやるのは、本来会社がやるべき正しいメインストリームであります。(中略)しかし、現在の会社は、どうでもいいようなことを自分たちでやって、新しい開発などを外注しようとしています』
お、続きが出てる
けしからん日本は“おもろいこと”をやらない 登大遊氏が主張する、金持ち病になった日本企業に必要な行動
1〜3まで読みました。面白く働いた結果が未来に繋がれば最高ですね。
以上
 
PR
PR