TOP > その他のニュース > 野球で送りバントが減らないのはなぜか 認知科学研究者が分析する送りバントをする心理学的理由 - ログミーTech

野球で送りバントが減らないのはなぜか 認知科学研究者が分析する送りバントをする心理学的理由 - ログミーTech

46コメント 2020-07-28 15:30 | ログミーキャッシュ

Sports Analyst Meetupは、現役スポーツアナリストとスポーツ分析に興味のある方の情報共有イベント。ここでは認知科学研究者のなういず氏が、時間割引の視点からどうしてバントは減らないのか、心理学的アプローチから解説しました。...

ツイッターのコメント(46)

>結果だけ申し上げますと打率が1割3厘より低い選手は送りバントが有効ということです。

投手でも場合によっちゃバントはクソってことか
カープの首脳陣に説明してあげて。
オリックスの首脳陣はちゃんとこの記事と紹介されている本を読んでいますか?読んでいないのなら今すぐ読んで活かして下さい。 / /
人間が目前の利益を優先する「時間割引」の心理を送りバントに当てはめた興味深い記事。
JTや日産等の高配当投資を選択してしまう心理もこの「時間割引」で説明できると思う。
得点期待値、確率だけでなく時間割引を用いて人間が犠打を用いたがる原因を考察。得点までの所要打席数が人間の思考を狂わせるってのは面白かった。
送りバントって本当にアウトひとつ献上する価値あるの?と思ってたけど、やはり損するという研究もあるのか。
守備側にプレッシャーを与える効果もあるらしいから、一概には言えないようだけど。
非合理的な判断を下すプロセスを合理的に説明しており、興味深い。なるほど、と首肯させられる。
併殺による損失を過小評価していますね。

AIがプレイしているならこれでよいのですが、押せ押せの場面で併殺無得点の直後にマウンドへ向かう投手と受ける捕手の心理、スタンドの空気

数値化しきれない要素が野球の醍醐味。

ちなみに自分が投手ならヒッティングの方が嫌です
打順考えないでいいんかね? »
ランナーの走力を全無視した議論🏃
野球でも期待値の話されててめちゃおもしろい。
「時間割引」という考え方は知っトク情報だわ
こういった分析記事が好き。

いずれにせよ、巨人の川相は偉大だった。
@nowism_sports さんの分析、面白い!
確かに時間割引は影響していると思う
今度はサッカーの終盤のパワープレーについても研究して欲しい
セイバーメトリクスと認知科学の組み合わせはありそうでなかった。
面白い。行動経済学で野球の作戦を分析。
損失回避、時間割引のために、期待値不利な作戦である送りバントを選んでしまう。

(記事で行動経済学が高度経済学になってる。惜しいなぁ)
多分やけど、レベルによるような。プロと高校野球の県大会レベルくらいでも同列に語れないと思うの。守備のレベルが違うし|
まだ、ざっとしか読んでませんが面白いです。セイバーメトリクス入門とは違う結論かな。
こういう研究面白い。
投手ごとにバントの有効性を知りたいよね。あと、迎えバント(スクイズ)。
めっちゃ面白い
これだけじゃ説明できん。投手心理、守備の心理、いろいろ変わる。相手の性格とかもある。 »
「野球で送りバントが減らないのはなぜか」という記事を読みました。とてもつまらないです。こんなこと考えながらプロ野球やってたら人気無くなるよ。
"打率が1割3厘より低い選手は送りバントが有効ということです。2019年の野手の中で1割3厘より低い選手はいないので、つまり誰にとっても有効な作戦ではない"
バックテストみたいな
牽制うまいバッテリ相手でも諦めずにリードするのは1回1回のチャンスを広げるというよりは精神力を削るから。バントは嫌らしい攻撃だし「このチームバントしてくるな」と思わせることで相手の守備パターンをコントロールする手法でもある。
AIが野球してたらそうなんじゃない?
得点確率と期待得点の双方を下げるので送りバントは非効率的、という話から知らなかったな。ただ、守備側の心理的影響が考慮されておらず片手落ちとの意見も。
---
@logmi_tech
面白い。バントで2塁にランナー置いた時の意識はどうなのかで有効か無効か違ってきそう。牽制球も統計で見ると無駄だったはず。牽制エラーになる確率もあるので。
リア友に「お前こういうの好きだろ?w」って勧められたから読んだけどめっちゃ好き面白かった
FFの野球好きとオリックスの首脳陣には是非読んでいただきたい
時間割引の話。
RoIの話に時間割引の話も絡めたいとここ10年思ってるけど人類には早すぎてその議論に至らない。
平均的に期待得点が下がるのは分かるが、ランナーが進むと極端に被打率が上がりそうな投手もいるだろう。今は細かくデータが取れるのだから、投手ごとに戦略を分けるのが良い?
期待値で考えると確かにそうだなって
> 結果だけ申し上げますと打率が1割3厘より低い選手は送りバントが有効ということです。
時間割引による説明面白い。
でもプロスペクト理論で説明する(ダブルプレーを過大評価する)ほうが自然な気もした。
素晴らしい。相手投手の出来、みたいなものがここに変数として入ってくるとどうなるか、みたいなのは欲しいような。
なういずさんだ
あとで読んでみよ_(:3」∠)_ バントが〜って話はたびたび聞くよね。確率とか統計じゃなくて、今回のは心理からのアプローチか
送りバントの損益分岐点を計算していて、結果だけ申し上げますと打率が1割3厘より低い選手は送りバントが有効
へえ、損益分岐点打率、思ったより低いなw
これ面白い。西武ファンには是非読んでほしい
面白かった。
草野球の世界だと、得点圏にランナーがいるかどうかでエラー率が大きく変わってくるので分析結果は変わるというのが私の持論。また、手段がバントなのかというのは別の話。
"例えばノーアウト1塁から送りバントして1アウト2塁になったとき、得点確率は40パーセントから39パーセントに下がり、期待得点は0.81点から0.68点に下がります"
以上
 

いま話題のニュース

PR