TOP > その他のニュース > 『スタンフォードの自分を変える教室』の著者が教える、意志力を高める生活習慣とは - ログミー

『スタンフォードの自分を変える教室』の著者が教える、意志力を高める生活習慣とは - ログミー

22コメント 登録日時:2015-06-14 13:41 | ログミーキャッシュ

『スタンフォードの自分を変える教室』の著者で健康心理学者のKelly McGonigal(ケリー・マクゴニガル)氏がGoogle社で「意志力」をテーマに講演。彼女は睡眠と意志力の間には大きな関連性があるとし、「睡眠時間が6時間以下の人は自分をコントロールできていない」と睡眠不足の危険性を語ります。誘惑に負けやすい人や努力が長続きしない人に向けて、意志決定力を向上させる方法について紹介し...

Twitterのコメント(22)

3.成功を想像するのは確かに気分が良いことですけれども、失敗についても考えるということ。

4.自分がどのようなプロセスを踏んで失敗するのかよく考えること。

5.誘惑に襲われたときはその衝動をやり過ごすこと。
・1日10分の瞑想
・6時間以上の睡眠

これらを取り入れれば意志力が高まる、と
明日しっかり読む。>>
意志力については、とりあえずは丸投げ。
ただ、ベジタリアンの食事が意志力を上げる事には俺は懐疑的です。結局その話は血糖値に繋がるんだろうけど。
っべー、俺睡眠時間6時間だわ、っべーよ。
瞑想やってみよっかなー👱🏻‍♀️
睡眠はしっかり。|
スタンフォードのケリー先生も、「6時間くらい寝ろやー。」とおっしゃっているし。。。
思う存分寝たほうが良い。私はアポなければ10時まで寝てる。当社はやることやってくれたら何時に来ても良いです。『スタンフォードの自分を変える教室』の著者が教える、意志力を高める生活習慣とは - ログミー
【 - ログミー】 うむ…
やっぱり6hでも足りないか。。 / 6時間睡眠だと自分を正しくコントロールできない--『スタンフォードの自分を変える教室』の著者が教える、意志力を高める生活習慣
6時間睡眠だと自分を正しくコントロールできない–『スタンフォードの自分を変える教室』の著者が教える、意志力を高める生… 
意志力の訓練
1、睡眠
2、瞑想
3、肉体運動
4、低血糖食
【ログミー[o_O]人気記事】
【読了】『スタンフォードの自分を変える教室』ケリー・マクゴニガル
意志力を高める生活習慣  logmijpより
『スタンフォードの自分を変える教室』の著者が教える、意志力を高める生活習慣 いい話を読んだ。できればもっと早くこの記事に出会いたかった…本も買ってみようかな。
「睡眠不足でこの部分の活動が鈍ってしまうと、今自分は長期的な目標よりも」これは覚えがありますわ。>6時間睡眠だと自分を正しくコントロールできない   @logmijp
「睡眠時間が6時間以下の人は自分をコントロールできていない」 思い当たる節が…。 / “『スタンフォードの自分を変える教室』の著者が教える、意志力を高める生活習慣とは - ログミー”
ケリー・マクゴニガル『〔薬物克服プログラムでの実証例では〕瞑想を取り入れると睡眠時間が増え…睡眠時間の上昇によって、参加者が依存克服に失敗する確率が下がった>
6時間睡眠だと自分を正しくコントロールできない--『スタンフォードの自分を変える教室』の著者が教える、意志力を高める生活習慣
以上

記事本文: 『スタンフォードの自分を変える教室』の著者が教える、意志力を高める生活習慣とは - ログミー

関連記事