TOP > その他のニュース > 人材コンサルタントが語る優秀な人材が落ちる時 - ログミー

人材コンサルタントが語る優秀な人材が落ちる時 - ログミー

23コメント 登録日時:2015-04-03 19:29 | ログミーキャッシュ

スタートアップの命運を左右する、幹部クラスの人材採用。これまで多くの優秀な人材の獲得に成功してきたスマニュー代表・鈴木健氏、エゴンゼンダーインターナショナル・小野荘彦氏などは、「採用に口説きは必要ない」と口を揃えます。ハイスペック人材を落とすのに必要な採用力の秘密とは?(IVS 2014 Fallより)...

ツイッターのコメント(23)

人事課の社内プレゼンでこの記事を思い出した
--
双方『共感』するということは大事ですね。
紹介の部分は為になったけど、面接回数と母集団はもう古い話だな
優秀な人材が去る時は会社にビジョンがない時 / 人材コンサルタントが語る優秀な人材が落ちる時 -
楽しさを伝えられるかどうからしい。。。
全員が採用者(笑)
こういう人材採用系の記事って「元の会社を辞める」というネガティヴな要素が欠けているのが気持ち悪い
スマニュー鈴木氏の採用哲学。うんうん頷く。
口説くのではなく、共有するか。
口説いてるということと同義の気がするが、共感はする。
ほほう。明日は面接だ。

>口説いてる時点で失敗してます--人材コンサルのエキスパートが語る、優秀な人材が“落ちる”時 -
これは間違いない。
買って買っての営業マンや余裕のない男が女性から人気ないのと一緒か。/
ビジョンへの共感。デキる人はココに反応して動くんだ。

口説かなくてもビジョン共感でコア人材採用ができている
一つだけ確かなのは転職市場に出てくる人材は質低いのでヘッドハントしない普通の紹介会社に依頼するのだけは止めた方がいい

ビジョンや事業に対する考え方、社内のステージや人間性に共感してくれる方はやっぱり会社に入ってから活躍する。

"口説いてる時点で失敗してます--人材コンサルのエキスパートが語る、優秀な人材が“落ちる”時
「最後の最後に口説かなきゃいけないケースは、たいがい落ちない方が多いです。その時点で破たんしているっていうか。」
以上

記事本文: 人材コンサルタントが語る優秀な人材が落ちる時 - ログミー

関連記事