TOP > その他のニュース > 仕事がつまらないと嘆くあなたへ、元スクウェア・エニックスCTOがアドバイス - ログミー

仕事がつまらないと嘆くあなたへ、元スクウェア・エニックスCTOがアドバイス - ログミー

52コメント 2015-05-14 20:31  ログミー

Life is Tech !が主催する教育とテクノロジーの祭典「Edu×Tech Fes 2015」。本パートでは、Life is Tech !執行役員CTOで元スクウェア・エニックスCTOの橋本善久...

ツイッターのコメント(52)

いまこれを読める幸せ。
< そろそろ思っていた仕事と違うと感じている新社会人へ
今でもたまに読み直すんだけどすごく良い事が書かれてる。
スクエアに先輩転職したけどファイナルファンタジーコケて笑ったなぁ
次のファイナルファンタジーで終わると思います /
「井の中の蛙」にならないために大切な7つのマインド( )コレは読んでおいて損はないと思うよん♪モノ作りしてる人はぜひ読もう!
三回くらい読まなあかん
【ログミー[o_O]人気記事】
いいはなし。
こういうところで悩んでいる人が多いんだね
あんぱんと内定の話は特になるほどなと納得。
ホント同意。>
“何でもちゃんとやってみて、信用を得て次の大きい仕事をゲットするっていうことが大事なんじゃないかと。” >
後でゆっくり読もう
くだらねぇところで躓くなって話。
でも、くだらねぇところで躓くのよね。
あんぱん買って来て、は正直なところ最近あんまり出来てない気がする。反省。
"ベイマックスは飛ぶんですけど、そのときに主人公のヒロ君が背中に乗っかるんですよね。そのときに2秒ぐらいなんですけど、磁石でペタ、ペタって手と足がくっつくというのをわざわざ見せてあげてるんです。"→元スクエニCTOがアドバイス
仕事がつまらないんじゃない。お前がつまらないんだ。 >
7つのマインド、全部大事だわー。ベイマックスにおけるおもてなしの例は観ても気づかなかったけど、なるほど感ある / “ - ログミー”
マザー・テレサの言葉ですけど、「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから」。/
どんな仕事もクリエイティブだと思っていて、どれもおもしろい/もし仕事がつまらないとか思うんだったら自分自身の視点を変えたほうがいいかもしれない→
「社会の仕組みを知る手がかりとして、働く際の武器として、あとは人生の彩りとしてプログラミングを学ぶっていうのがやはりお勧めかなというふうに考えています。」

元スクエニCTOがアドバイス
これ、よかった。/
橋本さんの PM の話も面白かったけど、これも面白い。 /
1番は、挑戦系はどうしたって時間かかるわけですし。2番は、仕事において最も重要な「信用」の話。5番は「段取り」の大切さ。6番は「ホスポタリティ」の話。7番は「言うまでもない」ですねw
井の中の蛙。しかも茹で上がってる / “ - ログミー”
やはりクリエイターに関して言えば変態は正義だった(真顔)
タスク管理出来てる人は実際に変態的な成果を上げる。
良い記事!
ここまで分かっててなんでスクエニはこのざまなんだよ!!!!!!
あと犬小屋と超高層ビルみたいな話があって、小さいソフトウェアと大きいソフトウェアをつくるので同じつくり方をやるケースがすごく多くて、でも犬小屋と超高層ビルだったら絶対に同じつくり方しないじゃないですか。
若手の子によく話す内容が多分に含まれているのでぜひ! → Life is Tech !執行役員CTO橋本善久氏が、業界内で「井の中の蛙」にならないために大切な7つのマインドを紹介します。(Edu×Tech Fes 2015より)
ゲームのマネジメント論としては面白いですが、人材を使い捨てプログラマを部品としかみないと有名なスクエニさんが言っても説得力無いのが残念でならないかなぁ。
面白かった。 自分では当たり前のことなんだけど、出来てない人が多いっつーことなんだろうなとも思った。 ◆
「井の中の蛙→井の中の茹で蛙」「無から生み出すだけがアイデアじゃない」「理性的にがむしゃらに」良いキーワードばかりだな。>
完成度曲線とか終わらせる力はすげーわかるけど、うまくできてねぇ
大事なことが沢山書いてあります
これな_:(´ཀ`」 ∠):_ あとでちゃんと読んでみよう
面白い記事ですね。
[ ]
「本当に好きっていうのは何なんだろう?」みたいなところで、変態になるっていうことは大事かなと思っています。 →
視点を変えるかぁ。いまの仕事がクリエイティブだと思えるようになりたいね。
業界内で「井の中の蛙」にならないために大切な7つのマインド

ちょっとした期待にこたえて、信用を積み重ねる
行動原理をポジティブに
タスク管理
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR