TOP > その他のニュース > 「基本的に9割の社会人は努力をしない」 ビズリーチ・南壮一郎氏が教える、周りと差をつけるシンプルな方法 - ログミー

「基本的に9割の社会人は努力をしない」 ビズリーチ・南壮一郎氏が教える、周りと差をつけるシンプルな方法 - ログミー

25コメント 登録日時:2014-11-14 21:35 | ログミーキャッシュ

海外留学経験をもつ登壇者4名が、留学を通じて学んだ視点やキャリアの積み方などについて、学生や20代のビジネスパーソン向けに語ったトークセッション。登壇者4名が参加者から寄せられた質問に回答し、後悔しない20代を過ごすためのコツを語りました。(IVS2014 Summer Workshopより)...

ツイッターのコメント(25)

(2ページ目) - ログミー

ほんとそう。俺もそう。
>努力するだけでもう差別化できているんですよ。それが前提条件にあったならば別に何をやってもある程度成功する
@logmijp
”自分がそれでいいと思ったら、それを信じられる、そして気合いで努力を積み重ねる、それが1番学んだこと”
「基本的に9割ぐらいの人は、社会人になって努力しないです。ということは、努力するだけでもう差別化できているんですよ」がんばろ
logmijpより
『これじゃなきゃいけない』というのを取っ払ったゆえに、別に金融やってもいいし、野球やってもいいし、インターネットやってもいいし、多分この後、僕は全く関係ないことやると思うんです。それが取っ払えたのがすごいよくて」
ビズリーチさんねぇ。 ビズリーチ・南壮一郎氏が教える、周りと差をつけるシンプルな方法らしいよ。
『僕は今日1番学んだのは「根拠のない自信」という言葉だと思うのですが』 それを寄ってたかってぶっ潰すのが日本の流儀ですねわかるよ
努力しないっていうより没頭できてビジネスにも繋がるような趣味を持たないんじゃね / | ログミー[o_O]”
“ということは、努力するだけでもう差別化できているんですよ。それが前提条件にあったならば別に何をやってもある程度成功するんですよね”
15年間社会人をやっていて思うのは、世の中って、基本的に9割ぐらいの人は、社会人になって努力しないです。/
社会人の9割は「学生時代は良かったなー」なんて言ってるよね..権限も経験も知識も学生時代より広がっているはずなのにね.卒業してから何もやってないっていうことじゃないかな. / ビズリーチ・…”
差をつける必要性はさておき。学生時代、石崎くんと「多読乱読も差別化だよね。みんな読まないから」って話してた:
【周りと差をつけるシンプルな方法】
株式会社ビズリーチ代表の南氏がご出演された
トークセッションです。
カリスマが語る、周りとの差別化を図るポイントとは?
努力にも色々あるんだろうけど、本気でやっている人からすると見えるものが違うのか。
ビズリーチ・南壮一郎氏が教える、周りと差をつけるシンプル な方法 | ログミー[o_O]
毎年ボストンに行けるようなので、アポ取りしなきゃ / | ログミー[o_O]”
はい。します。これから。"@logmijp: 「9割の人は、社会人になると努力しないです。ということは、努力するだけでもう差別化できているんですよ」 "
そして言い訳でごまかす。
だからうちのスタッフは優秀な方が多いのかー
基本的にみんな頑張り屋だもんなあ
以上

記事本文: 「基本的に9割の社会人は努力をしない」 ビズリーチ・南壮一郎氏が教える、周りと差をつけるシンプルな方法 - ログミー

いま話題の記事