TOP > 政治・経済 > 翁長知事の後継候補に玉城デニー議員! 一方、自民候補の佐喜真淳・前宜野湾市長は沖縄ヘイトの極右団体と関係|LITERA/リテラ

翁長知事の後継候補に玉城デニー議員! 一方、自民候補の佐喜真淳・前宜野湾市長は沖縄ヘイトの極右団体と関係|LITERA/リテラ

33コメント 2018-08-20 23:23  lite-ra.com

前宜野湾市長・佐喜真アツシ公式サイトより  翁長雄志知事の急逝を受け、9月30日の沖縄県知事選に向けて「オール沖縄」の後継候補が誰になるのか注目を集めてきたが、自由党幹事長である玉城デニー衆院議員が出...

ツイッターのコメント(33)

@masaru_kaneko というか、驚いたことに、この佐喜真氏という人はかなり極右で、杉田水脈などとほぼ同類なんじゃないですか。
辺野古移設に賛成反対以前の問題で、県知事として資質的にヤバい。
<日の丸や旭日旗を掲げた者たちが「売国奴!」「琉球人は日本から出て行け!」「中国のスパイ!」などという罵声を浴びせていた>悪虐な店子が大家に出てけと言ってる訳だ
■翁長知事の後継…玉城デニー議員! 一方、自民候補の佐喜真淳…極右団体と関係
佐喜真氏は辺野古容認派であり、露骨な基地反対派いじめで沖縄分断をはかってきた安倍政権とベッタリの関係を築いていることは疑いようがない事実だ
@YushidouFuuuuu @AtsushiSakima 急なことだったので、パヨ住民票移動が間に合わなかっただろうから、野党共闘とやらで妨害活動をやると推測。

すでに「妨害情報」


「辺野古反対運動にかかりっきりの人」と「沖縄県民の生活改善を図る人」と、有権者はどちらを選ぶ?
安倍晋三が下関市長選で暴力団を使って相手候補をデマで当選させなかったことははっきりしている。今度もどんな汚い手を使ってもやるだろう❗
⇒沖縄差別の問題は、中世アフリカの権力者が自国の民を西洋列強に売り飛ばしていた奴隷貿易に根が似ているな。大和民族が持つ琉球民族に対する優越感。
「対立や分断から無縁な沖縄」──。いやはや、まったくよく言ったものである。そもそも、佐喜真氏は明言を避けるが、氏が辺野古容認派であり、露骨な基地反対派いじめで沖縄分断をはかってきた安倍政権とベッタリの関係を築いていることは疑いようがない事実だ…
沖縄の市町村長らがデモ行進するなか、沿道では日の丸や旭日旗を掲げた者たちが「売国奴!」「琉球人は日本から出て行け!」「中国のスパイ!」と罵声を浴びせていた。佐喜真はオスプレイ配備反対デモを「売国奴」と攻撃する連中のイベントに参加しようと @litera_web
翁長氏は玉城議員について「戦後沖縄の歴史を背負った政治家なので、今後沖縄を象徴する政治家になっていくのではないか」「デニーさんは立派な政治家だ」と語っていたという(琉球新報8月20日付)。
リテラ:辺野古容認派であり、露骨な基地反対派いじめで沖縄分断をはかってきた安倍政権とベッタリの佐喜眞氏が
「対立や分断から無縁な沖縄を目指す」 @litera_web

@tim1134 @iwakamiyasumi
結局安倍派の首長や取り巻きを散々のさばらせている、沖縄県民の基地問題への中途半端さが、沖縄から米軍基地を無くせない最大要因。
翁長雄志知事の急逝を受け、9月30日の沖縄県知事選に向けて「オール沖縄」の後継候補が誰になるのか注目を集めてきたが
消費増税に反対して民主党を離党、昨年の総選挙でも希望の党への不参加をいち早く表明し“ぶれない姿勢”を打ち出して当選を果たした。
ネトウヨ政治家によるデマ宣伝にご注意を!だってさ。
玉城議員の父は沖縄に駐留していた米兵で、伊江島出身の母の妊娠中にアメリカに帰国。
母が渡米を断念したため、父の消息は知らないという。

翁長知事の後継候補に玉城デニー議員!!
"佐喜真氏は明言を避けるが氏が辺野古容認派で露骨な基地反対派いじめで沖縄分断をはかってきた安倍政権とベッタリなのは疑いようがない"
:翁長雄志知事の急逝を受け、9月30日の沖縄県知事選に向けて「オール沖縄」の後継候補が誰になる…
リテラなので、ある程度差し引く所はあるかも知れませんが、果たしてどう言う事になるか… @litera_web
ゴリゴリの日本会議が「沖縄の殿様」になることよりも深刻なのは、
沖縄防衛協会の手先に「信者」が吸い寄せられていること。
すでに国政与党内で多数派を占めた極右差別者集団が、よりによって沖縄を足がかりに、地方首長レベルでも本格進出して全国をアベ色に染め上げていこうとする策動を、絶対に許してはならない。
この自民党候補の二枚舌は、「信用」に値しない。それで獲得した立場は返上すべき、、、
翁長知事の後継候補に玉城デニー議員!一方、自民候補の佐喜真淳前宜野湾市長は沖縄ヘイトの極右団体と関係  沖縄の対立と分断に加担し、官邸と歩調を合わせてきた佐喜真氏が県知事となれば、いよいよ安倍政権は沖縄を植民地扱いし、あらゆる負担を強いることは間違いない。
@litera_web

(辺野古・オスプレイに反対だった)佐喜真氏は圧力を掛けられて辺野古容認へ転向した訳ではなく、最初から出来レースで市民を騙した可能性が高い。
翁長知事の遺志継承させよう
沖縄知事線、自公候補の佐喜真氏は「日本会議」のメンバー。那覇市首里にある幼稚園では園児らが日の丸のワッペンを胸に付けた出で立ちで登場し、「教育勅語」を唱和。沖縄の対立と分断に加担し、官邸と歩調を合わせてきた佐喜真氏。
玉城議員の父は沖縄に駐留していた米兵で、伊江島出身の母の妊娠中にアメリカに帰国。母が渡米を断念したため、父の消息は知らないという

私は小学校で同じ様な境遇の青い目の少女がいて、アメリカ人と苛められてるのに何もしなかった、という事が今でも、責め、になってる続
もう何がなんやら???だけど、自民ってぼーりょくだんと一緒だなw
。--対立と分断から無縁な沖縄を取り戻す?対立と分断を作り出した安倍政権の手先が白々しい!
「ようするに、佐喜真氏は圧力をかけられて辺野古容認へ転向したわけではなく、最初から出来レースで市民を騙した可能性が高い。」屑詐欺師-
- 本と雑誌のニュースサイト/リテラ
日本会議のやり口で佐喜真陣営はデマを流しまくるから要注意。
一方、自民候補の佐喜真淳・前宜野湾市長は沖縄ヘイトの極右団... (LITERA) 前宜野湾市長・佐喜真アツシ公式サイトよ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR