TOP > 科学・学問 > あのノーベル賞科学者が安倍政権の軍学共同政策を批判! 軍事に手など貸すものか! 戦争協力への動員はもう始まっている!|LITERA/リテラ

あのノーベル賞科学者が安倍政権の軍学共同政策を批判! 軍事に手など貸すものか! 戦争協力への動員はもう始まっている!|LITERA/リテラ

57コメント 登録日時:2015-10-06 11:53 | lite-ra.comキャッシュ

『科学者は戦争で何をしたか』(集英社新書)  大村智・北里大特別栄誉教授がノーベル医学生理学賞を受賞しおめでたムードが広がるなか、本日18時45分(日本時間)には物理学賞が発表される。昨年のトリプル受賞につづいて日本人の受賞に注目が集まるが、ここで、あるノーベル受賞者の言葉を紹介したい。 〈ノーベ…...

Twitterのコメント(57)

あなたの発見したことが軍事に利用される可能性はありまよね、
自分が直接的に手を貸さなければ関係ない!! ですか?
この人の本を読みたい。
「安全保障関連法に反対する学者の会」にも参加し、安倍政権の暴走に警鐘を鳴らしてきた
【昨年の今日】「 戦争協力への動員はもう始まっている」(リテラ) 「ノーベル賞を授与された研究は、人類の発展のためにも殺人兵器にも使用可能という諸刃の技術」
「理性で何年でも戦争を止めることはできる」益川教授
特に理系の人、とても大切。最初の津波にも、最後の防波堤にも成りえます。期待大!
「科学者同士、平和問題や社会問題に目を向ける努力を意識的にやらなきゃいけない。」
「自分の研究だけ安泰ならいい、儲かればいいなどと言っていると、簡単に取り込まれてしまいます。」
" 〈国からお金をもらっている国立大学の研究員なら、四の五の言わずにお国のために協力しろという態度にも、周囲はそれ程騒ぎもしない。何やら空恐ろしい感じがします〉 "
大村智・北里大特別栄誉教授がノーベル医学生理学賞を受賞しおめでたムードが広がる…
益川敏英・京都大学名誉教授。
備忘録的に。 /
以下抜粋
科学は本来、平和のために使われるべきという原点を、とくに科学者は忘れてはいけないのだ。
抜粋ここまで
「『科学者の精神動員なんて、いまの時代そんなことさせないでしょ?』…だが、益川氏は〈むしろ、現代の精神動員は、実に巧妙に金と権力を使って科学者たちを取り込んできています〉という」/あのノーベル賞科学者が安倍政権の軍学共同政策を批判!…
ノーベル賞科学者が安倍政権の軍学共同政策を批判!

☞平和問題に目を向ける努力を。自分の研究だけ安泰儲かればいいなどと言っていると、簡単に政権意向に取り込まれる。

@litera_web
益川先生は60年安保の頃からの筋金入りの闘士だからね。 --
人格も素晴らしいから、ノーベル賞が取れるんだな。さすがです。→→
「表面上は軍事に協力して成果を出している振りをしながら、肝心なところは手渡さず、毒にも薬にもならない研究をして、『はい』と涼しい顔で論文を提出していた。[…] 私は、それこそが本来の科学者の知恵だと思います。」⇒
自分の研究だけ安泰ならいい、儲かればいいなどと言っていると、簡単に取り込まれてしまいます
使う人次第。でも、国民が熱狂してしまうと・・・。歴史は繰り返す。)
安倍さんて学者の意見ちっとも聞かないくせに、ああいうときだけすり寄ってくるんだよな /
「軍学共同」「産学協同」…資金援助というエサで研究者を釣るのは、ある意味間接的な動員と言えるのではないでしょうか
2008年にノーベル物理学賞を受賞した益川敏英・京都大学名誉教授が安倍政権の軍学共同政策を批判! @litera_web
益川氏「科学と軍事が密接に結び付いている現代こそ、科学者の想像力、人間としての生き方が問われるのだと思います」
イイネ! @soulflowerunion: 戦争協力への動員はもう始まっている (リテラ 10/6)

「ノーベル賞を授与された研究は…
~ノーベル平和賞を受賞した「パグウォッシュ会議」~~日本の首脳からの返事くらい「味もそっけもない」ものはなかった~
まあ一つの意見って感じの記事やな。
その一例が、安倍政権が進める「軍学共同」「産学協同」だ。資金援助というエサで研究者を釣る姑息なやり方と言ってもいい。
戦争協力への動員はもう始まっている (リテラ 10/6)

「ノーベル賞を授与された研究は、人類の発展のためにも殺人兵器にも使用可能という諸刃の技術」
こういう視点は忘れてはいけない
益川先生の本を今週、引用するとはリテラ商売上手。でも益川先生の再稼動賛成をスルーか。 「ノーベル賞科学者が安倍政権の軍学共同政策を批判! 軍事に手など貸すものか!」 @litera_web
あのノーベル賞科学者が!
・・・安倍自民党の「軍事に手など貸すものか」‼
「国からお金をもらっている国立大学の研究員なら、四の五の言わずにお国のために協力しろという態度にも、周囲はそれ程騒ぎもしない。何やら空恐ろしい感じがします」
@iwakamiyasumi 安倍政権の暴走に警鐘を鳴らし続けてきた、益川敏英・京都大学名誉教授「軍事に手など貸すものか」【ノーベル賞科学者が安倍政権の軍学共同政策を批判! 戦争協力への動員はもう始まっている!】
科学者の良心だ(´ω`
「軍事に手など貸すものか。── 益川氏も所属する名古屋大学は、学生と教員たちが軍事協力をしないと誓った『平和憲章』を掲げている。」~ @iwakamiyasumi
「益川氏も所属する名古屋大学は、学生と教員たちが軍事協力をしないと誓った「平和憲章」を掲げている。」~
益川先生のように長いものに巻かれず間違ってることは間違ってると著名な研究者たちが仰って頂ければ世の中変われるでしょうに。
Litera★
益川さん、すばらしいな。もう、何も怖くは無い、って感じだ。
ふむふむ。/「 ノーベル賞科学者が安倍戦争政策にNO」<
カネと政治的圧力で科学を抱き込もうとする試みは既に始まっているけど、日本国は今まで軍事開発の経験が無いから、結局米軍に技術と市場を吸い取られて終わる可能性が大きいと思う。そしてそれに振り回される開発者達はその間に疲弊して停滞する。>
「どんな軍事兵器もそれが完成した時点で研究者、開発者の手から離れ、一〇〇パーセント政府のものとなります。そして、それがどんな危険な使い方をされようと、開発者は手を出せなくなるのです」


ノーベル物理学賞や化学賞の受賞者技術が、
戦争で使われる大量破壊兵器の開発に利用されてきたのも事実だ!(嘆)
安倍さんノーベル賞受賞者がそんなに好きなら、益川先生とお話ししてみれば。
ノーベル賞科学者益川氏が安倍政権の軍学共同政策を批判! 戦争協力への動員はもう始まっている @litera_web 一方でその技術が戦争で使われる大量破壊兵器の開発に利用され  益川敏英・京都大学名誉教授
@litera_web
ブラックボックス化する科学の世界で…知らず知らずのうちに、どこかで軍事研究に加担させられ…
あのノーベル賞科学者、益川敏英・京都大学名誉教授が安倍政権の軍学共同政策を批判!
科学者は愛国者である前に博愛者たれ。
「科学と軍事が密接に結び付いている現代こそ、科学者の想像力、人間としての生き方が問われる」(益川氏の本より) -
LITERA/リテラ 本と雑誌の知を再発見 2015.10.6


ノーベル物理学賞や化学賞は、将来的に人類の発展に…
「科学と軍事が密接に結び付いている現代こそ、科学者の想像力、人間としての生き方が問われるのだと思います」
科学者の徳が問われるわけね。
益川敏英氏が安倍政権の軍学共同政策を批判!
以上

記事本文: あのノーベル賞科学者が安倍政権の軍学共同政策を批判! 軍事に手など貸すものか! 戦争協力への動員はもう始まっている!|LITERA/リテラ

関連記事