TOP > ネタ・話題 > やまもといちろう 公式ブログ - キッズライン社、自社サービスでの男児わいせつ事件を受けて男性シッターの利用を一時停止 - Powered by LINE

やまもといちろう 公式ブログ - キッズライン社、自社サービスでの男児わいせつ事件を受けて男性シッターの利用を一時停止 - Powered by LINE

27コメント 2020-06-04 17:32  LINE BLOG

 ベビーシッターの仲介大手キッズライン社が、自社サービスに登録をした男性による男児わいせつ事件を受けて、今日キッズライン社に登録している男性シッター全員に対して「利用の一時停止」を含む措置を発表したよ...

ツイッターのコメント(27)

あ、LINEブログ上がってた
@Gewaltakui 担保していない、というのが正解のようです。
女性シッターさんがトラブル起こしたら、女性シッター全停止するんかね
「ピンハネをする割にフリーエントリー状態でコストがかからず事業を拡大できた」なるほどねえ>
“シッター派遣事業を、ただの登録によるマッチング事業としたうえで、上記の通り法的には免責として低コストでやれるので利益が出る。そのリスクは全部、利用者の家庭にくる”

“男性が危険”ではなく、それに限らず企業側のリスク管理がザルだったという問題
ベビーシッター仲介会社がフリーエントリーに近い形でサービスを提供していた話。
キッズライン上場検討してるらしい→
記事より>わいせつ事件が勃発し、それも一件や二件ではなさそうだ、他のシッターにもわいせつ事件があったかもしれない、という話になると、いまさらシッターの質を把握しようにもキッズライン社はそういう情報を持っていなかった、ということに他ならないでしょう。
「ちゃんとした業者がそこまで利益を出せないシッター派遣事業を、ただの登録によるマッチング事業としたうえで、上記の通り法的には免責として低コストでやれるので利益が出る。そのリスクは全部、利用者の家庭にくるわけでして」
確かにそう。「常識的には、そういうマッチング業者に登録しているシッターに対して質を担保されている前提で手数料を払うわけで、シッター料金をピンハネしておきながら責任を取らないというのはさすがに通らない理屈だろうとも思います」
キッズラインが燃えている。
一つの対応を間違えたというより企業姿勢からなるべくしてなった感じかな。
もっと印象わるくなった…
欧州みたいに犯罪歴を照会させろといった考えを散見するんだが企業側がこうも微妙な対応されると返って悪化しそうな気がするんだな。
キッズラインは上場しようと考えていたのか。バフェットだったら何て言うかな。やまもとさんの鋭い指摘。→
男性登録者の一時停止…男性は連帯責任ってやつか。システムの解決にはならないけどね。
ふむ

「ちゃんとした業者がそこまで利益を出せないシッター派遣事業を、ただの登録によるマッチング事業としたうえで、上記の通り法的には免責として低コストでやれるので利益が出る。そのリスクは全部、利用者の家庭にくるわけでして、」
男性は性犯罪犯すから一時停止なのか。女性が事件起こしたら、女性も停止になるロジックだけど、事業成り立たないよw
これはさすがに微妙。ま、絶対使わんけど。
シッター事業については、1にも2にも「安心・安全」が求められるのに、事業者が担保する仕組みを作らない事が問題。だから、我が家では利用しない。
さすが切込隊長、キッズライン問題の構造が分かりやすい。
・質的補償のないフリーエントリー状態
・運営も"個別に質の把握"は無理
・被害は複数想定され、対応は必須
・ゆえに「男性一律」で退場してもらう位しか、線引きできない
尚、運営は責任を取らない旨も利用規約に明記
“わいせつ事件が勃発し、それも一件や二件ではなさそうだ、他のシッターにもわいせつ事件があったかもしれない、という話になると、いまさらシッターの質を把握しようにもキッズライン社はそういう情報を持っていなかった、ということに他ならない”
駒崎ー
「ウチの団体に犯罪者はいません」以外の言い訳はよ。
「ピンハネ率の高さと、そのピンハネをする割にフリーエントリー状態でコストがかからず事業を拡大できたというだけ」

以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR