TOP > ネタ・話題 > やまもといちろう 公式ブログ - 生き抜くための武器は持ったかを問う『僕は君たちに武器を配りたい』(瀧本哲史・著) - Powered by LINE

やまもといちろう 公式ブログ - 生き抜くための武器は持ったかを問う『僕は君たちに武器を配りたい』(瀧本哲史・著) - Powered by LINE

107コメント 登録日時:2019-08-15 02:58 | LINE BLOGキャッシュ

 瀧本先生に「いや、長女が生まれたんですよ。令和の女ですよ」と冗談めかしてお伝えしたところ、先生は「令和なんて関係ないよ。いつの時代だって先は読めないし、時代で人や社会を切るのは君らしくない」とDISられた私が通ります。 ということで、瀧本哲史先生の代表作『...

ツイッターのコメント(107)

読みたくなった。頭良い人の社会の見方を教えて欲しい。
" 人を見抜くためには、何者であるかを経歴ではなく素養で判断し、知識を(相対的に)善たるものに使っていこうというのは、瀧本先生がかなり繰り返し仰っている「正しく時間(とき)を過ごすための本質」であったと思います。"

ご冥福をお祈り致します。
昨日のブログ、今日になって瀧本哲史氏が亡くなったとニュースが出た。まだまだ若いのにな、若いから残念と切り取るのも違うか。
瀧本さんが亡くなられたそうで。『ミライの授業』で感銘を受け、『ZERO to ONE』の日本語訳序文で再会して『武器としての交渉思考』…は積読だったけど、なにより「課題解決」よりも「課題発見」の重要性の認識を後押ししてくれました。ありがとうございました。
ご冥福をお祈りいたします。
安らかに、お疲れ様でした。
これ最後まで読んで、あれ?って思ってたけど、瀧本哲史さん10日に亡くなってたんか……(´・ω・`)
僕も本を読み返そうかな……
瀧本哲史さんの訃報は個人的に結構ショックだったのですが、その訃報を知ってこのブログを読むと改めて彼の書を読みたくなったな…
"人を見抜くためには、何者であるかを経歴ではなく素養で判断し、知識を(相対的に)善たるものに使っていこうというのは、瀧本先生がかなり繰り返し仰っている「正しく時間(とき)を過ごすための本質」
『僕は君たちに武器を配りたい』(瀧本哲史・著) -
瀧本さんの著名な本はこちら。。
俺ら若者を心から応援してくれる数少ない大人達のひとりだった。
瀧本さんが亡くなられたと。いくつは理由があるが、起業した会社を諦めて今の会社に就職したのは彼の影響。起業しようがフリーになろうが、独自のスキルの組み合わせが大事だと今になって噛み締めてる。希少性は自分で生み出せる、生み出せばいいんだってポジティブになれた。
総会屋2.0のツイート普段はミュートしてるんだけどこれは読みました
訃報が出た。滝本君(当時はこの表記だった)は中高の同級生だったんだよ。もっと活躍してほしかった■
時間を作って読んでみたい。
Hagexの人たちがこわい…
この書評は泣く。
へー、マトモな文も書くんだな
昨晩これを見たときに唐突に感じたが、訃報を知ったうえで書かれたものだったんだろう。/
昨日このエントリが上がってたのは追悼だったのかな
刺激を頂いていた年下の方が亡くなるたびに、自分は生きさせて頂いて有り難いと思います。ご冥福をお祈りします。/
瀧本さん、亡くなったのか・・・
@ishiwatarireiji このブログと何人かのツイートぐらいしか出典はないのですがそのようです
瀧本哲史氏が亡くなったとか。まだ若いはずなのに。ご冥福をお祈りします。
えっ瀧本哲史さん亡くなったのか…お年を召してからのご活躍もものすごく見たい方だった。残念
瀧本哲史さんご逝去。。。
世の中本当におかしいもので、必要な方や大事な方ほど亡くなるのが早い。

多くの方が瀧本さんが残された著書を手に取り世の中が良くなることを願い、ご冥福をお祈りします。

隊長の記事が相変わらず上手くまとまっているのでぜひ。
残念です。
ええ?

瀧本さん、お亡くなりになったのか…
同世代の素晴らしい世代がまた早逝された・・・
コンサルタント時代に瀧本先生の書籍で勉強させていただき、数回ですがお話を聞く機会があり、刺激を受けました。
ご冥福をお祈り致します。
瀧本哲史氏の訃報の噂が流れていたので、信じたくなかったのだが…。
この本就活のとき読んだな。。本質を見失いがちな私には厳しいものだったが。。
瀧本哲史先生ご逝去。
これを最初に読んだ時は情報が少なくて半信半疑だったけど、本当に亡くなられたっぽいですね。良い本を書かれてたのに...。/
瀧本哲史先生亡くなられたのか…早すぎる訃報に言葉がない、、武器決、ミライの授業、君に友だちはいらない等々、紙面を通しても伝わる熱量に何度感化されたか分からない。ご冥福を心からお祈りします。/
まだ信じられない......。
ちょっと前まで普通にツイートしてたのに
『僕は君たちに武器を配りたい』いいことばだな
瀧本哲史氏亡くなったのですか。激ヤセはされてましたが公式発表を待ちたいです。
あぁ瀧本先生…信じられない。週末に著書を読み返そう。
瀧本先生のご冥福をお祈りいたします。
瀧本哲史さんが亡くなったと。昔お会いしたことをきっかけに読んだ『僕は君たちに武器を配りたい』は、若気の至りもあり反発したり納得させられたりまた反感を覚えたりしながら読んだ忘れられない一冊。また読み直したいと思う
瀧本さん訃報っぼいか
ちゃんと読んで、絶句した
・・・亡くなったの?
瀧本哲史さん、
2冊読了していて、5年位したらまたじっくり読みたい作家のお一人でした。
うっわ、ショックだわ。ほんとショック。
お亡くなりに…?お悔やみ申し上げます
え!瀧本哲史さん亡くなったの!?正式な発表はまだなく、わかりませんが、、、
数学を学ぶことは魔法を学ぶこと、という言葉に感銘を受けてました。
瀧本哲史さん死去のニュースはフェイクでないようです...。ご冥福をお祈りします...
そう言う事だったのか
ん?瀧本先生亡くなった?/
武器を配りたいの瀧本氏が亡くなったらしい。倉庫から引っ張り出して彼の本を読み返そうかな。
偶然か、数日前にふと思い出したのが、大学生の時サークル審査員としてアテンドした北京のカフェで瀧本さんと喋ったこと。
瀧本さんの本や思考が、今ままでのキャリア選択に影響を与えたのは間違いないと思う。思想を後世に残すとは尊いなぁと
『僕は君たちに武器を配りたい』
えええ、瀧本先生亡くなられたの…闘病中だったのですか。ご冥福をお祈りします。
今のとこのハゲのブログしかソースがない。
@astoreroom_ ちょうどこれを読んでた 当該の本は読んだことがない (読む気が起きなかった
同級生の訃報に接した。R.I.P.
同級生と言っても、彼は大変優秀で、普段からおちゃらけている自分とは殆ど接点がなかったんだけどね。
えええっ、瀧本哲史さん亡くなったのか。まだお若いのに……/
マジか。日本交通の企業再生について、この人から直接話を聞いてみたいとずっと思ってた。残念。
「令和なんて関係ないよ。いつの時代だって先は読めないし、時代で人や社会を切るのは君らしくない 」
えええ?亡くなられたのですか?
瀧本さんがお亡くなりになったのか、公式な発表がまだ無いようで。ザワザワしてる
なんと……
瀧本先生が亡くなられたとのこと。よくぱうぜ先生にお話を伺っていたが、こんな早くに旅立たれるとは…。
お亡くなりになったの?>
@OzzyZOW
切り込み隊長のブログと亡くなったというツイートがいくつか

瀧本氏の本は数冊読んだことあるのでショックです…まだ若いだろうに…
瀧本哲史さん亡くなったのか…
亡くなったのか…読み直すか
瀧本さんがお亡くなりに…>
瀧本先生、お亡くなりになられたのでしょうか…?驚き…。
最後ほんとなの...
え?瀧本先生、亡くなられたんですか?信じられない・・・。

瀧本哲史さんが亡くなった、といろんなところで見かけるのだが、ホントだろうか…
/ 瀧本氏、マジで亡くなってしまわれたのか…?
君に友達はいらない 講談社 瀧本哲史
も名著でした。
瀧本哲史死去って本当?
TLで何件か見た。
リソースがあまり見つからず、信じられない。
R.I.P.
瀧本さん亡くなったの、(ディベート連盟理事)確かなソースはないですが
待って、額面通り受け取ると、亡くなっていることになるんですが・・・?まじ・・・?
追悼文じゃなかったら皮肉が過ぎる。 / 公式ブログ)
「安心して旅立つことなど人間にはできないのが本質ではありますが、その旅路が輝かしいものであることを、心から祈ります。ありがとうございました。」
んー?瀧本哲史が死去した……のか?
瀧本先生死亡説、ソースはこのブログがいかにもそうっぽいからなのか。。。 /
2019年8月15日の記事。

/生き抜くための武器は持ったかを問う『僕は君たちに武器を配りたい』(瀧本哲史・著)|やまもといちろうオフィシャルブログ
最近ツイッターを更新していないと思ったら瀧本哲史さんが亡くなっていたとは.
僕の大好きな作家で投資家の瀧本哲史氏が逝去された。彼からディベートの重要性を学び、代表作『僕は君たちに武器を配りたい』ではコモディティ化というパワーワードとともに、キャリアの根幹を学んだ。新著にも引用させて頂いている。ありがとうございました。
瀧本先生が亡くなられたっていうソースはこれかな?

すげー紛らわしい文章で不安になるな
瀧本さん、亡くなられたの?息子に進めた本でした。R.I.P
これは、追悼文?
瀧本さん亡くなられたのか…
えっ?お亡くなりになられたの??
ん?んん??
えっ!?瀧本先生亡くなったの!?
亡くなったの?
著者の方亡くなったの? >
もう8年も前か。この本を読んだのは。
今や金持ちじゃないとなかなか4人も育てられないよな。。。:
以上

記事本文: やまもといちろう 公式ブログ - 生き抜くための武器は持ったかを問う『僕は君たちに武器を配りたい』(瀧本哲史・著) - Powered by LINE