TOP > ネタ・話題 > マーケターが「よくやっているけど意味のない業務」と「成果を出すためにやるべきこと」って?WACUL垣内氏インタビュー | 東京のWeb制作会社LIG

マーケターが「よくやっているけど意味のない業務」と「成果を出すためにやるべきこと」って?WACUL垣内氏インタビュー | 東京のWeb制作会社LIG

143コメント 2020-02-25 07:34  LIG

デジタルマーケティングにおけるノウハウを惜しみなく発信することで、車輪の再発明の撲滅に取り組まれているWACUL垣内さん。今回は「マーケターがよくやっているけど意味のない業務」について、LIGのマーケ...

ツイッターのコメント(143)

ABテストってどうしてみんなこんなにやりたがるのでしょうか……?
垣内:結果が数字で出るので周囲に説明しやすいし、仕事した感を得やすいからじゃないですかね。
@natsumi_512 お、ありがとうございます!

LIGさんが著者の垣内さんのインタビューしていますので、ぜひ〜
ズバズバ話されてるのが面白い。ネット上のいろんな情報に惑わされがちだけど、原点は変わらない。
@library_fit ファンの間では垣内節というそうですよ。自分が高学歴だから人の学歴見ちゃう良くない癖があるんですが、(アッ…めちゃくちゃ頭が良い人のソレだ…!)と思いました
↓弊社のブログのアレです
@makosaito214 私は、まこりーぬさんのこの記事を読んで、垣内さんの著者としての可能性を確信しました!
ありがとうございます!
要領よく効率よく仕事はしたいし
時間は有効活用したいね。
やることとやらないことははっきりしておこう。
成果を上げる上でインパクトの大きいポイントはどこか見極めること。取り組んでいる業務が成果につながっているのか客観的に疑うこと。そして「マーケターが成果を出すために取り組むべきこと」はBtoBだったら営業、ECだったら商品仕入れ。
ABテストに関して、BtoBのマーケに関して思っていたことが全て書かれている。
振り返りはほんとに大事。振り返らずに突き進むことの多いことよ。
ちゃんとやろ…

マーケターがやって意味ないこと
・ABテスト
・アトリビューション

やるべきこと
・営業
・ユーザー調査
・コンテンツ制作
・振り返り
めっちゃ共感できること多かったわ・・・
マーケティングのためのマーケティングになっちゃだめ
必死になっている時ほど、いつのまにか目的が手段にすり替わっていたりするので、思考を整理してくれるお話は本当に心強いです🙏🏻
-----
「ブランディングという言葉で自分の仕事(コンテンツ作り)を正当化しようとする人っていますよね。」

こーれは気をつけたいところ!
が聞きたいこの頃…

以下のようなものです。メディア取材などご希望ありましたらご連絡お待ちしております。

ABテスト聞いたことあるけどレベルだったけどちょっとわかった、、そして振り返りが大事だという、、毎週振り返るしてみよう
参考になる...。。!
それにしても垣内さんイケメンでいらっしゃる
最近またこの記事を読んでいただけているようで嬉しい😊オンライン化にともないマーケターのタスクが増えてきていると思うので、ぜひこちらの記事ご査収くださいませ🙇‍♀️
やっぱ垣内さん好きだわ。腑に落ちてスカッと気持ちいい。手を動かそう…。
意味の無いことに時間を費やさない。 このために辞めることをまず決めることが大事な気がする。。
今ちょうど自社のウェブのリニューアルの話が出て、なんか込み入った話になってたからこの記事タイミングよく読めてよかった。
この記事とても良い。

・A/Bテストは成果を証明するものではなく成果を出すもの
・アトリビューションは無視。ON to ON または ON to OFF においてユーザー行動を意図的に操作できる訳がない。
・アシストしか生まずラストタッチを生まないCVはない。
キレッキレである
「ブランディングを隠れ蓑にした謎コンテンツ」あるある
「ABテストしたいんです。」
「ヒートマップを…」
とよく言う方に
この記事を読んでほしいです。
「、直接コンバージョンがとれないのに間接コンバージョンだけある広告は存在しない」
その通りだと思う。
webビジネスの大事なことは共通してくるということ
・成果に近いところから改善すること
・現場を知ること
・ユーザーのリアルな実態を知ること

WACUL垣内氏インタビュー | 東京のWeb制作会社LIG
A/Bテスト...広告運用者やLPO解析担当のやっていることが批判されている

何か一つの商品しか販売していない会社の場合、新規商品作れって話だけど、A/Bテストが効果高いと思うが。どうなんやろう。キャッチ、クリエイティブいじるだけで、数字が変わる事例あるし
マーケターだけでなく仕事の真理か
やらない事をもっと出してこうぜ
細部のABテストが無駄なのって、「変えたらダウンリスクが〜」という人向けに、半分だから大丈夫っていうためのモノだからでは?と思ってる。
山手線ゲームが強い(公認)垣内さんの、マーケター業務に関する記事。

・成果を上げる上でインパクトの大きいポイントはどこか見極めること
(数人ユーザを見る!)
・取り組んでいる業務が成果につながっているのか客観的に疑うこと
(定期的な振り返り!)

大事だなぁ…
まずは、コンテンツやセミナーを作りまくるやりまくる。それがないと解析も意味ないよね。
垣内さん節炸裂の本記事、社内でも共有させていただきました。
ちょうどこないだ業務時間のROIについて話したところなのでありがたいです。
ABテストは意味がない。

僕も前からABテストって意味ないよなって思っていたのですが、垣内さん(@yuikakiuchi)の説明で納得しました。

これで堂々とABテストしなくて済みます。
良い記事。

マーケティングにおいて「仕事した感」は最大の敵。振り返りを通じて、「何が一番インパクトあるのか」を見極めるのが何より重要。
もっとコンテンツ作りして行かねば…

そろそろアクセス解析以外も投下したい所
取り組んでいる業務が成果につながっているのか客観的に疑うこと

➡︎やった側は良いことやってるバイアスがかかるけど、関係ない人から見たら「で?」となることは多い

数値、アンケート、読者の反応。
なんでも良いけど、客観的視点/データは欲しい
というかないと不安
すごい、文系サラリーマンにめちゃくちゃ役立つ内容……
めちゃくちゃ的を得てる!

コンテンツ制作関わりながら営業やってるけど、良いことしかない。

作って売るの繰り返しで良い商品が出来る!
ABテストは市場の反応を知るための調査の段階か、コンテンツ作成や誘導先・フォームの改善をやりきった最後の仕上げのどちらかだと思ってる。
BtoBの広告が、営業の代替手段というのは、抜け落ちていた視点だけどかなり腑に落ちる内容だ。
・どぶ板営業がんばれ
・ユーザー調査しろ
・定期的に振り返れ
ということ重視しているけど、同じことを言ってくれている。
もっと見る (残り約93件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR