TOP > ネタ・話題 > 視聴者・出演者すべてを裏切った漢。『電波少年』土屋敏男Pに、コンテンツ制作の極意を聞いてみた | 東京上野のWeb制作会社LIG

視聴者・出演者すべてを裏切った漢。『電波少年』土屋敏男Pに、コンテンツ制作の極意を聞いてみた | 東京上野のWeb制作会社LIG

35コメント 2019-03-25 08:15  LIG

LIGブログ編集部のケイが、あの『電波少年』で一世を風靡した日本テレビ・土屋敏男プロデューサーにインタビュー。90年代カルチャーとしての『電波少年』、そしてコンテンツ制作のこれまでとこれからについて、...

ツイッターのコメント(35)

「これは欽ちゃんの言葉でもあるんだけど、「テレビは、いま何かが起ころうとしていることを映すもの」なんだ。」
そういえば1年ちょっと前に、リアリティ・ショー…というかドキュメントバラエティの祖の一人である土屋敏男Pにインタビューしたこんな記事をやりました。いま読んでも示唆的な部分が多いのではと思います。
コンテンツ作りで忘れちゃいけないこと!

土屋:ユーザーファーストになったからつまんなくなったんだよ。(中略)『電波少年』がユーザーファーストだったかっていうと、そんなことないからね。(中略)「お前らなんか置いてくぞ!」って言うからついてきてくれたわけ

@LIG_J
テレビ史上一番と言っていいほど好きだった番組『電波少年』。T部長の記事はいろいろ読んだことあるけど、この記事が最高に核心を突いてる。さすが さん
「視聴者は何を観たら「やられた!」って思うかな?」ってずーっと考えてた。だけど、「何観たいですか?」なんてことは聞かないんだよ。
このインタビュー面白い。この精神は見習おう。

でも『電波少年』がユーザーファーストだったかっていうと、そんなことないからね。ずーっと裏切ってきたし、「お前らなんか置いてくぞ!」って言うからついてきてくれたわけ。
ガチで制作を楽しみたい人はみんな読むといいよ!なインタビュー記事。

ラスト近くで慧さんが出されている予告や意見も楽しいです。記事中に出てくる『……』も味わい深い。
これはうちのスタッフ全員に読んでほしい。大事なことがたくさん書かれている。
現代マーケティングの至言なのでは…「やりたいことだけやってたかっていうとそういうわけではない。「視聴者は何を観たら「やられた!」って思うかな?」ってずーっと考えてた。だけど、「何観たいですか?」なんてことは聞かないんだよ。」
視聴者・出演者すべてを裏切った漢に聞いてみた
「全体重を掛けてやらなきゃ」「ここに行けば面白いものがあると思われなきゃダメ」いやぁ、ホントそうですよね!わかりみが凄い。/
ちょっと前の記事だけど、見逃してた!読み応え!!!/
今のTVがつまらないのも
日本の大メーカーがつまらないのも
原理はおおむねおんなじかと

---
実は LIGさんの運営する 「いいオフィス 上野店」で
「なぜコミ出版記念講演会 東京」を開催させていただいたんですよねー❣️

この記事も 最高に面白いし
気づき 満載✨
この記事とても好きなんだよな
テレビに釘付けになった電波少年を生み出した土屋Pに大変貴重な話をしていただきました!
PR記事じゃのに全く・・・
じゃけど記事内容は面白かったの~!
φ(..)メモメモ
あとでじっくり読もう(*^^*)
電波少年とかドンピシャの年代だったので、にやにやしながら読ませてもらいました!
面白い!みなさんも是非!ご一読あれ!
企画&ディレクションなどしました。
自分がずっと見てきた番組を作った人と一緒に仕事が出来て刺激になりました。
コンテンツ制作に携わる人に是非読んで欲しい記事です。
スゴいタイトルですが。。。若いウェブコンテンツを作っている会社だと思って思い切り喋りました。
うむ、勉強になる( ´∀`)。
自分のテレビの原体験の多くに土屋プロデューサーがいる。
おもしろかった。「細部にこだわれないやつはものなんか作るな」
面白かった/
実は公開前から下書きをチラチラ読んでたんだが、これはめちゃくちゃ良かった。。
ちょっと長いけど、どんどん読み進められるからぜひ読んでほしい!
日本テレビプロデューサーの土屋敏男さんに、コンテンツ制作のこれまでとこれからについてインタビューしてきました。かなり読み応えのある記事になっていると思うのでぜひ!
失礼ながら、久々にLIGさんの記事で「おっ!」と思った
しかも昔のLIGさんが面白かった理由もよくわかる

インタビュアーのもののけ姫に対する造詣の深さもすごい
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR