TOP > ネタ・話題 > あなたを次のレベルに押し上げる「集中的訓練」の方法 | Lifehacking.jp

あなたを次のレベルに押し上げる「集中的訓練」の方法 | Lifehacking.jp

ただ「できる」だけではない、多くの有能な人と最高レベルで競い合うことのできるスキルを磨くにはどうすればいいのでしょう? 一人の「天才」的な才能を生み出すのに必要な時間は、マルコム・グラッドウェルが Outliers で紹介したように、10000 時間と言われています。 しかしこれは必要条件であって、十分条件であるとは限りません。普通にチェスを 10000......

ツイッターのコメント(157)

@otsukaman まさにマスターに共通するDeliberate practiceですね ^ ^
プロになる為の10000時間
信じてる訳じゃないけど、学習が圧倒的に加速する訓練法を見つけたので、帰ったら試してみよう。
これは大事だ
意識して行きたい
Deliberate Practiceとは。
フォローしてる人が共有してたから読んでた
武井壮がやってるやつかな?
ルネさんの見つける記事ほんと読み得
ゲーム上手くなる参考用の記事として個人的にオススメしたいのはこれ -
@Mercury444F 一応参考までに
最近読んだ記事だとここらへんで紹介されてる練習法はいつか実践してみたい
参考。Deliberate Practice(熟考した練習)を提唱したのは、アンダース・エリクソン。「1万時間の法則」で有名な方。『WORK RULES!』でも紹介されていた。/
ライフハックという言葉を聞いて調べてたら見つけた記事
何かしらの天才を作るには何かしらを10000時間費やすのだそうだ。ま、よくドーム何個分とかこの手の換算はよく判らないのでネコリンピック大会数だと、大体2分とすると…30万大会…うわー意味判らんわー☞
自分自身に何らかのプレッシャーをかけることが大事なのかぁ。/
【 】  :アウトプットだけを求められるこのご時勢 もっとステップアップする方法もあるかもね : 「言われたからやる」では、この先、生きていけないかもよ?
これは客観的な学習レベルの向上方法でほとんどに当てはまるのでは。
『「自分の仕事において何が『普通な人』と『卓抜した人』を分けているのだろうか?」「その『違い』を DP 的に繰り返しおこなうことができる活動にできないだろうか?」』
|
2010年の記事。ブクマしてた。でも読んでなかた気もする。 /
[ライフハック]




最高レベルで競い合うことのできるスキルを磨くには?
これやってれば幸せってものが一つ有れば、人生他が少しぐらい辛くても何とかなると思っています。
[Lifehacking.jp]
ちょっと、やってみたら。。
〔あとで読む〕 / [ から]
面白いけど、結局のところ10000時間はやれよってところは変わんないから、とにもかくにも動く。 /
なんかムズかった(。・ω・。) →
ちょっと前の記事だけど、「知の利」っていい言葉だな。 /
これは読まなきゃいけない
6の悪解に注意。「過程が大事」ではなく「過程もゴール同様大事」これが正しい。過程に重きを置き過ぎるとゴールを設定する意味がない・自分的には6:4でゴールに重きを置いたほうがよいように思う / “あなたを次のレベルに押し上げる「集中的訓…”
もっと見る (残り約107件)
 

いま話題のニュース

PR