TOP > ネタ・話題 > 1957年の女子高生のハンドバッグが見つかる…当時のアメリカを感じる内容物が公開:らばQ

1957年の女子高生のハンドバッグが見つかる…当時のアメリカを感じる内容物が公開:らばQ

11コメント 2020-02-19 00:36 | らばQキャッシュ

オハイオ州の学校のロッカーと壁のすき間に、70年近くも前のハンドバッグがはさまっているのを用務員の男性が見つけました。学校側は持ち主を探すため内容物を公開、その結果、かつての女生徒のものだとわかりました。...

ツイッターのコメント(11)

>70年近くも前のハンドバッグ
ゑ、1957年ってそんな……そんな前? ゑ??
そんな大昔から学校のロッカーが交換も移設もされてないことのほうが驚きだわ(・ω・)
ご存命ならなおよかったのにね、惜しい/ : らばQ
63年前の忘れ物。高校時代にどんなかばんや文房具を使っていたのか、覚えてないな。
70年近くも前のバッグもすごいけど、このロッカーも70年近く場所も変わらずここにあるって事だよね…
映画『アメリ』の、思い出の小箱を公衆電話内で手に取った瞬間に涙したオジサマを思い出す。
ちょっと調べて泣けてきた。1942年生まれで71歳で亡くなったんだって。その彼女が15歳の頃、大事にしてたものがこれ。人間はなんて儚く可憐なんだろう。
私も似たような経験がありますね。20年以上前に使っていた学校のロッカーに、雑多な荷物入れっぱなしで南京錠かけたままずっと放置してあるというね。さすがに撤去してあるだろうけどね。
映画「グリース」ぐらいの頃ってことか・・>
存命のときに見つけてあげたかったねぇ
以上
 

いま話題のニュース

PR