TOP > ネタ・話題 > 「自殺の恐れあり」と判断されたアメリカ人女性が2日ほど入院→請求書を見て驚愕する:らばQ

「自殺の恐れあり」と判断されたアメリカ人女性が2日ほど入院→請求書を見て驚愕する:らばQ

11コメント 2018-05-30 13:27 | らばQキャッシュ

病院では患者の自殺を防止するために、引き留めたり滞在させたりすることがあります。不安がないと判断されると退院できるのですが、アメリカで自殺を起こしそうな女性が病院に2日ほど滞在したあと、届いた請求書を見て驚愕したそうです。病院のお助け料金をご覧くださ...

ツイッターのコメント(11)

「金銭的に困っている人なら、自殺したくなるような高額な請求書。米国の負の部分でしょうか」
自由診療だからなあ。 / “「自殺の恐れあり」と判断されたアメリカ人女性が2日ほど入院→請求書を見て驚愕する:らばQ”
アメリカの医療は、医療費は先進国の平均より高額で、水準は先進国の平均より劣悪という非常に残念な状態。これを改善することに反対する人がいることが理解できないよな…。 / “「自殺の恐れあり」と判断されたアメリカ人女性が2日ほど入院…”
こころのやまい悪化するよね( ̄▽ ̄;)
アメリカの保険については本当に改善される事を祈るばかり。
日本も医療費が高いとは思うけど、まだまだ恵まれてるよね
アメリカの一番ヤバい所。日本で良かった。
日本に生まれてよかった~~~! / “「自殺の恐れあり」と判断されたアメリカ人女性が2日ほど入院→請求書を見て驚愕する:らばQ”
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR