TOP > ネタ・話題 > 「ありがとうカナダ!」オランダが毎年チューリップを贈りつづける理由は…70年前のある出来事だった:らばQ

「ありがとうカナダ!」オランダが毎年チューリップを贈りつづける理由は…70年前のある出来事だった:らばQ

39コメント 登録日時:2014-09-27 12:04 | らばQキャッシュ

オランダはカナダに感謝の印として、毎年チューリップの球根を2万株も贈っているそうです。その理由は70年前に起きた、ある特殊な事情によるものでした。...

Twitterのコメント(39)

チューリップを見ると思い出す粋なエピソード。こういうの大好き。
@atsuagesan__ ですです❤️
未だに毎年70万ものチューリップを贈られていてほっこりする大好きなお話です❤️❤️


一時的とはいえ蘭領になるカナちゃん男前な受ワンチャンあります!!!(台無し
この記事すごく好き
なんと
チューリップに囲まれるカナちゃんかわいいよね絶対……
そういう歴史があったのか。
良い話!「ありがとうカナダ!」オランダが毎年チューリップを贈りつづける理由は…70年前のある出来事だった:
:::: 日本と台湾の関係に似ているなぁ。震災がらみで。200億円の義捐金有難うござました。
相手のことを思いやったいい関係。
へえ、こういう歴史は知らなかったな。 >
来年2015年のオタワ・チューリップ祭は5月8〜18日開催予定 ⇒ ☆ @lbqcom
こういうのが「義」なんだと思いました。| @lbqcom
お役人の仕事はこうでなくっちゃね!→
オランダはカナダに感謝の印として、毎年チューリップの球根を2万株も贈っているそうです。その理由は70年前に起きた、ある特殊な事情によるものでした♡
ええ話や……と思ったら最後で爆笑。
このエピソード、冗談抜きで映画化できるだろ(*╹◡╹*)
「オランダ王族はオランダ領で生まれなければいけない」というのを、カナダが一時的に部屋をオランダ領にしたはからい。
9件のコメント
いい話だなーって思ったら余談が9(^ ^)
法律というのは、こういうもの。

カナダのことだけど「粋」ですな。
一方日本は無粋な事例しか聞こえてこないねぇ。
ええ話だけどスピードスケートwww
こう言った機転の効いた対応いいね( ´ ▽ ` )ノ
この機転の効いた発想、後に続くエピソード、素敵(*^^*) /
これはすごい / 他4コメント
蘭加というのは新鮮だ……
知らなかった。なんとなく意外な繋がりだけど贈り続けている、というのは素敵な話だ。
いい話だね。こういう機転や柔軟な対応はすばらしいよ ⇒
オランダはカナダに感謝の印として、毎年チューリップの球根を2万株も贈っているそうです。
その理由は70年前に起きた、ある特殊な.
ロンドンのクラリッジスホテルが一日だけユーゴスラヴィア領になったのと同じだね。→
こう言う話、好きです。
蘭さん!カナちゃん!!イイ話~
よか話やなかとですか
"@lbqcom: "
粋な計らいと感謝の気持ち、何処ぞの国に見習って欲しいでち
「滞在する首都オタワの病室を、オランダの治外法権区域とする粋なはからい」すげえ。法的に可能なのか、超法規的措置なのか…。日本でそういうことって可能だろうか。/「さらば愛しき大久保町」を思い出した。 / “「ありがとうカナダ!」オラ…”
以上

記事本文: 「ありがとうカナダ!」オランダが毎年チューリップを贈りつづける理由は…70年前のある出来事だった:らばQ

関連記事