TOP > ネタ・話題 > 政府の紙資料、よく燃える新素材に切り替え 二酸化炭素9割削減

政府の紙資料、よく燃える新素材に切り替え 二酸化炭素9割削減

30コメント 2021-04-08 07:40  虚構新聞

 政府は7日、焼却時に発生する二酸化炭素排出量をこれまでの10分の1に抑えた印刷用紙を22年度から全省庁で使用すると発表した。50年までに温暖化ガスの排出を実質ゼロにして脱炭素社会を実現する「カーボン...

ツイッターのコメント(30)

虚構新聞だけど隠蔽やないか😂
数年後に読んだら「意外と~」の部分がピンとこないかも
虚構新聞、すげー皮肉w。そもそも廃棄すんなとw。>
> 紙資料は黒いほどよく燃えるという
ここすき
“紙の原料が木であることは意外に知られていないが、…”

“またある官邸幹部も「排出量はそのままで、これまでの10倍メモや記録を破棄するよう指示できる」と喜びを見せた。”
メモは燃やしたり,黒く塗りつぶすためにある
“紙の原料が木であることは意外に知られていない”
進次郎ならそう言うだろうな。
いろいろ盛り込みすぎw ナイスジョーク❗️❗️
>またある官邸幹部も「排出量はそのままで、これまでの10倍メモや記録を破棄するよう指示できる」と喜びを見せた。

“政府は7日、焼却時に発生する二酸化炭素排出量をこれまでの10分の1に抑えた印刷用紙を22年度から全省庁で使用すると発表した” / 政府の紙資料、よく燃える新素材に切り替え
#虚構新聞
キョコーですが。実務的には「燃やす」んじゃなくて「溶かす」じゃないかな?
《従来より可燃性の高い新素材を採用して燃焼時間を短くすることで排出量を減らす仕組みだ》

だぁ〜、やりかねない😅
また謝罪記事が出たりして。
虚構新聞と気づかずに開いてしまった。。。何か負けた気分。
虚構新聞から。

ここまできたら、公文書は自動消滅する機能が必要かもしれませんね。ミッションインポッシブルみたいに。

【 二酸化炭素9割削減】
可燃性が高いのは、紙そのものではなく,書いてある内容ではなかったというのか(^_^;)?!
技あり!
「昨年はこれまで最高記録だった終戦直後の1945年をついに上回り、国内総排出量の2%強を占めるまでになった。紙の原料が木であることは意外に知られていないが」
そのうち、資料作成しなくなったりして。
あれ?
これは素晴らしいアイディア。大企業の品質管理や経理でも採用すべき🤣
締めが皮肉効いてて最高だね。

「これまでの10倍メモや記録を破棄するよう指示できる」
ワロエナイ
ちょwwwいやいやいや、燃やした時の二酸化炭素を10分の1にする紙、って、炭素原子の含量が10分の1ならそもそも紙じゃないし、厚みか密度が10分の1なら実用性ないだろwww
こんな気持ちのいいdisり方初めて見たわ〜www
書類の焼却について「これまで最高記録だった終戦直後の1945年」の記述があり、敗戦がわかり官僚が証拠隠滅を図ったことにそれとなく触れている。
>紙の原料が木であることは意外に知られていないが

ここ読んでようやくパロディと気づいた。
虚構が事実になりそうな政権 >
炭素含まない代用紙開発したら理論上行けそう…水素と酸素とカルシウムやリン辺りで作れないものか、魚の骨とかそういうので…
痛烈w >(虚構新聞)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR