TOP > ネタ・話題 > サンマ不足解消の切り札「サンマ型ロボット」に熱い視線

サンマ不足解消の切り札「サンマ型ロボット」に熱い視線

17コメント 2020-09-18 08:10  虚構新聞

 ITベンチャーのサイドテック社が開発したサンマ型ロボットに、漁業関係者の熱い注目が集まっている。最新技術の結晶は「歴史的不漁」とも言われるサンマ不足を解消できるか――。.advert { font-...

ツイッターのコメント(17)

嗚呼秋刀魚の季節だ🤤
食うのかよwww
これほんとに出来たら面白いな
しかも機械ではなく培養筋肉で
牛の筋肉のサンマとか、焼くとステーキの香りが
食べてみるまで何味かわからないサンマ
夢が広がる

か?…
人工的な秋の味覚好きw
食えないだろがぃっ!
あほちゃいまんねん、さんまでんねん笑。
水産資源とはと左上をみたらいつもの方でしたw
---
こういう本末転倒な記事凄い好き
昔の小学館の魚類図鑑なら、「食べられるがまずい」かな?
発想がすごい。そして海に放流する意味・・・
人材(=労働力)不足はロボットで補えるけど、サンマ(=漁獲量)不足を補うロボット開発って…ねえそれ食べられるの? おいしいの?
(そういえば9月後半に入ったけど、まだ秋刀魚たべてない)
虚構新聞:
"また、本物と同じように光源に向かって泳ぐ性質を持たせたことで、サンマ漁の網にもかかりやすくなったという。"
ロボさんまの人工ハラワタうまいよね
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR