TOP > ネタ・話題 > 春の歯ごたえ タケノコくり抜き最盛期 京都

春の歯ごたえ タケノコくり抜き最盛期 京都

31コメント 登録日時:2019-03-29 08:41 | 虚構新聞キャッシュ

 京都府黄桜町で特産品「黄桜タケノコ」のくり抜き作業が最盛期を迎えている。薄く層が残るように中をくり抜くことで、タケノコ独特の歯ごたえが生まれるという。 電球のフィラメントの材料として使われたことで知られる黄桜町の竹は、春の味覚「黄桜タケノコ」としても知られる。同町内でタケノコ農家讃岐泰造さん(60)は、その日の早朝に掘り出したばかりの朝掘りタケノコを作業場に運び込むと、......

Twitterのコメント(31)

タケノコ職人の朝は早い(´・ω・`)
「レンコンのパンチング」がよかった。
タケノコは職人が中をくり抜いていたんだー
レンコンはパンチングマシンで穴を開けていたんだー
ベンキョーになるなー
これはどこからどこまで嘘なんです……いや、全部か
昔ながらの手仕事、伝えていきた・・・え? >
あれは人の手でくり抜いていたのか!!
直径が違うのを幾重にも重なるネギも大変な作業やし九条ネギは中にトロっとしたのを入れるから沢山は作れへんのやて /
京都府黄桜町で特産品「黄桜タケノコ」のくり抜き作業が最盛期を迎えている。薄く層が残るように中をくり抜くことで、タケノコ独特の歯ごたえが生まれるという。
タケノコの空洞加工も大変だけど、アボガドが型崩れしないよう木製のボールを入れる作業も早朝から深夜まで大変な作業と聞き及んでおります。
くり抜いたカスは家畜飼料として
最近はAIで自動化されてるらしいね。 /
虚構新聞:
京都府黄桜町で特産品「黄桜タケノコ」のくり抜き作業が最盛期を迎えている。薄く層が残るように中をくり抜くことで、タケノコ独特の歯ごたえが生まれるという
農家がやってたのか。黄桜町というんで、きうり1本の薄給で、カッパが泣きながらやってるんだと思った。 /
虚構新聞のこういうネタ、前にも見た記憶あるな、なんだっけ?ドーナツだったかな
ワラタw レンコンも手作業なのかw
そ、そうだったのか!!
このニュースを見ると、春が来たなぁと思うわー
さらっとレンコン農家まで巻き込まれている件。
そうか…もうそんな時期か…。
もうそんな時期なんですねー😄
最後の「パンチング」も笑える(笑)
実家の裏庭でタケノコが採れるんだが、私はタケノコをくり抜くのが苦手で、母がくり抜くタケノコに比べて歯ごたえが落ちる。
タケノコ食べたいな🍄

ほー、レンコンの穴開けも! QT.
そうだったのか~(笑)

え?
レンコンも…
これはご存じない方もいるかもしれませんが。レンコンのパンチング共々。
以上

記事本文: 春の歯ごたえ タケノコくり抜き最盛期 京都