TOP > ネタ・話題・トピック > 虚構新聞 > 筆記に復帰、速や...

筆記に復帰、速やかに 両端ノック式シャープペン発売

19コメント 登録日時:2018-12-07 12:26 | 虚構新聞キャッシュ

 文具メーカーのバッタ鉛筆は、どちら側からでも芯が出せる両端ノック式リバーシブルシャープペン「ダイナペンシル」を年内に発売する。芯が折れても、反対側のペン先を使うことで、筆記のタイムロスを抑えることができるという。 一般的なシャープペンは、ノック部分に消しゴムと替え芯を入れる穴を備えているが、ダイナペンシルはノック部分をペン先に置き換えた。両側にノック機構を備えているため、......

Twitterのコメント(19)

久しぶりに俺的大ヒットきたね、これ。
これ、トンデモ製品にも見えるけど、心が折れたら先端を一回打ち付けてペンを一回転させるだけで書きはじめられるので、工夫すれば便利な筆記具になる気がする
バッタ鉛筆開発部の早川さん
なんだコレっ!!!!!!
虚構新聞:
芯が折れても、反対側のペン先を使うことで、筆記のタイムロスを抑えることができるという。
これはいらん
バッタ鉛筆…(笑)
これって、ノック式じゃなくて振ると出るタイプか繰り出し式なんですよね?(とマジメにつっこんでみる…)
まずは指先の皮を厚くするために鍛えなければ(棒読み)
ベースはぺんてるのグラフギアらしい
本当に発売されたら怪我人続出の予感( ̄▽ ̄;) ⇒【虚構新聞】
「文具メーカーのバッタ鉛筆」とか「開発部の早川さん」とか小ネタ入れてきておる喃

ケガを承知で使ってみたい!😅
バッタ鉛筆にワロタ(笑)
画期的!(^。^)/
これ、ノックするとものすごく親指が痛いんだぜ。
ちゃんと開発者が「早川さん」というSHARP愛。 /
以上

記事本文: 筆記に復帰、速やかに 両端ノック式シャープペン発売

関連記事