TOP > 科学・学問 > お腹についた脂肪が落ちにくい理由が判明。食事制限をすることで逆に脂肪をため込みやすくなる : カラパイア

お腹についた脂肪が落ちにくい理由が判明。食事制限をすることで逆に脂肪をため込みやすくなる : カラパイア

12コメント 2021-03-06 08:42  カラパイア

 リモートワークや外出自粛で家にいる時間が増えると、ついつい食べ過ぎてしまい余計な脂肪がぽってりついてしまった人もいるとかいないとか。 特にお腹まわりはわかりやすく脂肪がつきやすい。膨らんだお腹をへこ...

ツイッターのコメント(12)

運動苦手だけど、やっぱ運動が一番か~(´Д`)
だろうね。絶食したりすると、体が防衛本能で脂肪を溜め込もうとする。これを逆手にとって、ダイエット期間中にわざと爆食いする日を作る方法もあるもんね。
ケーキを自作するようになってから太りにくくなりました。つーか年取って味覚が変わって食べ放題とかあまり行かなくなるからかしら…筋肉も落ちたし…
食った分動きゃええんやで?
ずっと何も食べないでいると、脂肪組織から脂肪酸分子が放出されてこれが体のエネルギーとなる。だからこそダイエットをすれば痩せるわけだが、今回の研究では、お腹周りの内臓脂肪がこうした脂肪酸放出に抵抗するようになることが判明している。
これか…!
ちゃんとご飯食べます
ダイエット(飢餓)の気配を感知したお腹の脂肪(細胞)は

「保存モード」に切り替わる。
プロテオーム解析、知ってますか?しかしダイエットに関するものは情報過多でどれを信じていいのやら。/ : カラパイア
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR