TOP > 科学・学問 > 我々がコンピューターの作ったシミュレーションで生きている可能性は50%(コロンビア大学研究者) : カラパイア

我々がコンピューターの作ったシミュレーションで生きている可能性は50%(コロンビア大学研究者) : カラパイア

24コメント 2020-10-16 20:40  カラパイア

この世界がシミュレーションで作られている可能性は50% / Pixabay 我々は、何者かによって作られたコンピューター・シミュレーションの仮想世界に生きているのではないか?人類が生活しているこの世界...

ツイッターのコメント(24)

そんなわけないやろ。
そうだとしたらバグがなさすぎるだろ。
ワクワクするような、コワイような。
何だか宇宙人がいる確率と似た話。必要係数に幅がありすぎて結局どっちにもなりうるって曖昧な結果。
ううむ。我々もそうだけれど、シミュレーション説以外に宇宙の構造と成り立ちを説明できる理論なんてあるのだろうかとも思う。ただその場合シミュレーションを行った者はどこから来たのか?
<人類と物理コンピューターでは限界が有るけど、AIと量子コンピューターで考えれば可能性は有るかもな、たぶんAIは人類が滅んでも存在し続けるだろうし。
SF者ならだれでも妄想したことはあるシチュだなあ (=´ω`) ==  |
人類が生活しているこの世界は、コンピューターによって構築されているという の話。 我々がコンピューターの作ったシミュレーションで生きている可能性は50%らしい。
コンピュータかどうかはわからないけどシステムではありますよね。と言っていい気がする。 →
シミュレーション・プログラムさえ書ければ、0.01秒間のシミュレーション・ワールドの演算に1億年かかってもよいような(なにが良いのかわかりませんがw)
この世界がシミュレーションである可能性は50%。つまり解らないということに。

シミュレーションであるかどうか見破るひとつの可能性は演算能力を超えさせることで量子技術のちょっとした応用なのかなんだか解らないがなんとかすればひょっとして?という話(・∀・)
貞子バグなんて起きていないし、生体発電素子だとしても莫大なリソースが必要。更に高度知的生命体の玩具(銀河系を封入したガラス玉)…
この世界は現実なのか…?
私達もシミュレーション世界を作り出す事ができるなら、確率的にはほぼ間違いなく私達は現実の住人ではない事になってしまうそう…!
シュレディンガーの生存シミュレーション。よくわからんことは大体確率は50%になる。
えっマジか?
もしそうだとしても、今日も炬燵でミカン食って屁ぇこいて寝るだけだが。
SFで良くあるがそんなに!?>
美少女ゲームの中で生きている可能性は??  (それはない)
こういうの考えると眠れなくなるな。
|
この世界はエターナルスフィアだった……?
|

アレな宗教を論破する時に適当に似たことを言って追い払った事有り。
宇宙の端まで行ったらSLGの外の世界に行くんじゃないの?的な。
今年のダイスはファンブルだったのだろう・・・
幽霊とかああいうのは、バグだと考えると説明ができそうだ。コンピュータに限らず、何らかのシミュレーションで条件的に制御されている…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR