TOP > 科学・学問 > 触れただけで地獄の痛み、猛毒植物「ギンピ・ギンピ」からまったく新しい神経毒を発見(オーストラリア) : カラパイア

触れただけで地獄の痛み、猛毒植物「ギンピ・ギンピ」からまったく新しい神経毒を発見(オーストラリア) : カラパイア

23コメント 2020-09-19 20:42  カラパイア

ギンピ・ギンピの猛毒の正体が明らかに image by:University of Queensland オーストラリアにはオーバーキルにもほどがある猛毒を持つ生物が数多く潜んでいる。毒グモ、毒ヘビ、...

ツイッターのコメント(23)

「ギンピータイドは知覚ニューロンのナトリウム・チャネルを恒久的に変化させるようだ。そのおかげで、刺されてから数か月、下手をすると数年も痛みがぶり返して苦…」
ギンピーギンピーの葉の表面には無数の棘があり、触れただけで酸を浴びせられたような痛みで不眠が数日続き、数年悩まされることも…
毒の解明が進めば治療に期待出来ますね👍

触れただけで地獄の痛み、猛毒植物「ギンピ・ギンピ」からまったく新しい神経毒を発見
ケアンズの熱帯雨林に生えている植物は恐ろしい。知り合いがキャンプで触れて刺された時は痛みが1年半続いたと言っていた。その原因が明らかに!
恐ろしすぎる。研究の成果を期待せずにはいられない。
>ギンピータイドは知覚ニューロンのナトリウム・チャネルを恒久的に変化させるようだ。
オーストラリアは危険動植物多くて推せる
20年も刺された痛みが続く植物由来の神経毒…「自然由来・植物由来だから安全」ねえ、ふーん…
へんないきものチャンネルでこれでケツを拭いた人が居るって言われて「うわぁ…」ってなった奴やこれは…

|
確か、野糞して紙がないからコイツの葉で尻拭いた奴いたそうな。

末路か?
この植物の二つ名通りになっちまったらしい。
これ絶対戦争兵器に悪用されるやつだ

触れただけで地獄の痛み、猛毒植物「ギンピ・ギンピ」からまったく新しい神経毒を発…
「ごめんね…特にこちらから警告とかはしてないけど触ったから数年間にわたってめちゃくちゃつらい目にあわせるね…」みたいなサイコ植物
何ていうかこう、自然界ってちょいちょい民明書房の上を行くよね…
マンチニールとか男塾ですら出て来ないレベルの脅威やしなあ
>想像を絶する痛みが長期間続く。ついたあだ名は自殺植物
>知覚ニューロンを恒久的に変化

地球の生き物、時々やりすぎ
動画も掲載されてるけど、よく自分から刺されようとするな……

|
「ギンピ・ギンピ」からまったく新しい神経毒を発見。

ギンピ・ギンピ
想像を絶する痛みが長期間続く。ついたあだ名は自殺植物。

実際に死ぬことはないらしいが、
その痛みは熱した酸を浴びせられ、
それと同時に感電したかのような激痛であるそうだ。 🙀
スーサイド・プラント /
何でこんな殺意高い植物が世の中には存在するのか
|
オージーの自然って、人間を拒絶してんじゃないかって思う
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR