TOP > 科学・学問 > 639年かけて演奏する「世界一長い曲」が7年ぶりに演奏(ドイツ) : カラパイア

639年かけて演奏する「世界一長い曲」が7年ぶりに演奏(ドイツ) : カラパイア

演奏終了は2640年、世界一長い曲が7年ぶりに演奏 image credit: youtube 記憶された人類の歴史の中で、最も長く続く音楽パフォーマンスと言われている『オルガン2/ASLSP』が、このほど7年ぶりにドイツの廃教会にて演奏された。 この曲は、アメリカを代表する現代音楽の...

ツイッターのコメント(14)

エッっっっ....

: カラパイアさんから
聞き終わる前に永眠する曲だな。
「この曲の演奏終了予定は2640年の9月5日で、まさに多くの年月をかけて奏で続けられる音楽は、むしろ長い祈りに近い印象を受ける」
ジョンケージの曲が次の音に入ったという
現代音楽はあまり聞かないのですが、こんな曲があったんですね。
こんなん演奏とは言わんやろ🤨
音楽でも無いと思う。
7年ぶりに新しい和音が演奏されたって・・・😳😂😂🤣
時間概念超越してるなぁ
「やったもん勝ち」の世界(^_^.)
まじで❗w
終わりにかけて今なお演奏され続けているという事実。
「曲の冒頭は長い休符のため沈黙で始まっており、最初の和音が実際に奏でられたのは17か月後」
「2013年10月5日の前回の演奏から7年経った2020年9月5日に、再び新しい和音が奏でられた」
以上
 

関連するニュース

関連するニュースは見つかりませんでした。

いま話題のニュース

もっと読む
PR