TOP > 科学・学問 > シベリアで偶然発見された深さ50メートル以上の巨大な穴。永久凍土が溶け地下にたまったメタンが爆発か(ロシア) : カラパイア

シベリアで偶然発見された深さ50メートル以上の巨大な穴。永久凍土が溶け地下にたまったメタンが爆発か(ロシア) : カラパイア

シベリアの巨大な穴 image by:ести Ямал 落ちたら二度と這い上がることはできなさそうな深く巨大な漏斗状の穴。穴の右上に人が写っているのがわかるだろうか?比較するとその大きさがよくわかる。 この穴は今年7月、ロシアのテレビクルーが、シベリアのヤマル半...

ツイッターのコメント(11)

天津飯が気功砲やったとこです。
位置的にここセフィロスいるじゃん
こんなのがボコスカ開いてるのって怖いなあ……しかも原因が推測通りにメタンなら、温室効果もでかいという。

: カラパイア
UFOのせい シリーズ
波動砲をぶっぱなしたに違いない!
勘弁してほしいな。
←暗い穴、コワイ…
>ヤマル半島には実に7000あまりのピンゴが確認されている。そのうち700が今回のように爆発して穴があく可能性をはらんでいるという。
おーい でてこーい!    シベリアで偶然発見された深さ50メートル以上の巨大な穴。永久凍土が溶け地下にたまったメタンが爆発か(ロシア)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR