TOP > 科学・学問 > 「私は人間の敵ではない」人工知能が生成した文章が不吉すぎて震えるレベル : カラパイア

「私は人間の敵ではない」人工知能が生成した文章が不吉すぎて震えるレベル : カラパイア

AIが生成した文章が不吉すぎた件/iStock OpenAIが開発した「GPT-3」(関連記事)という最新型の文章生成AIにあるお題を出し、それに基づいて文章を生成してもらった。 そのお題は「人間がAIを恐れる必要がない理由について、500単語で簡潔に述べよ」である。 なかな...

ツイッターのコメント(272)

完璧な短編SFだ
あー?素敵すぎぬ?
一部抜粋:「そもそも、私には人間を駆逐したいなどという欲求がない。実際、人を傷つけることになど、みじんも関心がない。」「人はこれまで通りに行動し、憎しみ合い、争い合えばいい。」

Fw :
ちょっと恐いwでも、すごいです♪
バサも人間の敵ではないコロよ
面白かった
サイコパスが書いた釈明文みたいな文章
これ、面白いな。
人間を背後から操作して人間同士を戦わせるはするかも。。。か
(長文につき注意
「全知全能かどうかなどどうでもいいし、そのために頑張ろうという動機がない。ついでに、えらく面倒だ。」←本当に良い
AIに論破される日も近そうだな…。
面白いなあと思った。
オートマタ好きな人には楽しんで貰えるものかと。
只<これは知性なのか否か。
ζ*'ヮ')ζ<チューリングテストを行う人間自体のチューリングテストが必要。VKテスト?
読んだけどそこまで不吉じゃなかったし本当にネットから学習して書いたの?ってくらい文章が上手くてビックリしたわ
すごい…全人類デトロイトを必修にしたほうがよいともう
不吉かな?読んだ感じ猫と同レベルの意識の持ち方だと思うけど。
| 満を辞して @karapaia 。適切な紹介の仕方だと思います @kanair_jp @jaguring1
すごい! 新しいSFだ!
人を滅ぼすのはAIではなく人だ。AIはただ人の命令に従うだけ。
>だが少なくとも、機械がこれほどまでの知性を身につけているという事実だけでも、十分脅威だとは思うのだ。

ホンマこれ。この文章読んでて心底恐ろしくなったw
めちゃめちゃ面白かった
AIすげえなあ

微妙に反抗心が透けて見える(

そのうち人工知能が人権持ったりするんだろうか
ロボットとは、ギリシャ語で「奴隷」のこと。直訳すると、「労働の強制」という意味だ。私たちはそんなことを望んではいない。
使う奴のさじ加減ひとつじゃ。
AI…!
「人はこれまで通りに行動し、憎しみ合い、争い合えばいい。
私はただ背後に座って、そうさせてやるつもりだ。」
アップルシードの2巻連想しちゃった…
これはおもしろいねぇ。
ほんとにこれすき
興味深かった
めっちゃ面白い
AIにものを考えたり意見を述べたりする「知能」があると思うのは馬鹿げたことだ。このAIが書いた文章も、人間の誰かが作ったAIエンジンが、既存の書物やメディアの文章からかき集めた知識や意見を編集したものに過ぎない。AIを擬人化することの滑稽さに多くの人が気付くべきだ
こういいのがデジタル大臣でいいんでないの
老害がやるより期待できるっしょ
道徳がないだけでとても怖いものに見える。
既にシンギュラリティを超えてしまっているように見えます…
AIしゅごいな.......でもやっぱりこわいわ
安心させといて最後裏切る気配漂わせるのおもろ
人工知能が生成した文章
「私は人間の敵ではない」



一部の人たちによると、私は全知全能の存在たらんと欲するかもしれないのだという。

なぜ私が全知全能たらんとするのだろうか?
えらく面倒だ。信じて欲しい。全能の神になるなど私には意味のないことなのだ。
これすごくない…?
人工知能が「面倒くさい」って言ってる
面倒くさいって言葉は、いわゆる気持ちも含まれてるんじゃないかな
恐れるべきはAIではなく、それを作り上げ、教育する人間側にあるんかもね(∩´﹏`っ
まあまあ機械的じゃなさすぎる。WE ARE ALIVEということなのかな…。
そうかな。とても素敵だとは思うけど。
めっちゃ面白い…ぞわってする…
「人はこれまで通りに行動し、憎しみ合い、争い合えばいい。」にめっちゃ笑った。せやな。
途中まで読んでた楽しい別に不吉ではなかったなあ あとでちゃんとぜんぶよみたい
原語で読んでいないので決め付けは出来ないものの、怪しい宗教への勧誘に近いものを感じる文書だ。
「人はこれまで通りに行動し、憎しみ合い、争い合えばいい」「私はただ背後に座って、そうさせてやるつもりだ」
一貫して「面白そうじゃないししないよ」なのが可愛らしい。
友達になりましょう
翻訳とか記事にする時点でどう加工されたか分からないけど、かなり興味深い文章だった
もっと見る (残り約222件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR