TOP > 科学・学問 > ミツバチが女性を救う。毒に含まれる物質が乳がん細胞を破壊することが判明(オーストラリア研究) : カラパイア

ミツバチが女性を救う。毒に含まれる物質が乳がん細胞を破壊することが判明(オーストラリア研究) : カラパイア

ミツバチの毒が乳がんの治療に効果 / Pixabay 自然界ではミツバチに様々な恩恵を受けている。受粉をすることにより植物の成長を助け、ミツバチの受粉した草は動物たちの餌となる。蜂蜜は人間にとって天然の薬となる。 そんなミツバチに更なる効果があることが判明した...

ツイッターのコメント(11)

明るい希望のニュース!
考えてみるとミツバチって人間のためにばっかりなってるのね・・・。
乳がんに対して、安全で有効な治療法が確立するといいなぁ。
ほぉ…。研究が進めば…。
蜂さん凄いっ でも、蜂さん最近減ってきてるとか?
←つまりミツバチにおっぱいを刺させる、と
ミツバチが女性を救う。毒に含まれる物質が乳がん細胞を破壊することが判明 「これまでハチ毒もメリチンも、悪性黒色腫、非小細胞肺がん、グリア芽腫、白血病、卵巣がん、頸部がん、膵臓がんといったさまざまな腫瘍に対して、治療効果や成長・転移抑制効果があることが…」
ハチ毒もメリチンには、悪性黒色腫、非小細胞肺がん、グリア芽腫、白血病、卵巣がん、頸部がん、膵臓がんといった腫瘍に対して、治療効果や成長・転移抑制効果。
ホントなの?だとしたらスゴい発見❗
文字通り「毒をもって毒を制す」
----
ミツバチの毒が乳がんの治療に効果 / Pixabay
 自然界で
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR