TOP > 科学・学問 > 第5の物質の状態が存在する。それは「情報」であり、カタストロフを引き起こす可能性がある(英物理学者) : カラパイア

第5の物質の状態が存在する。それは「情報」であり、カタストロフを引き起こす可能性がある(英物理学者) : カラパイア

質量・エネルギー・情報の等価性がもたらす「情報のカタストロフ」 / Pixabay 物質の状態には、「固体」「液体」「気体」そして「プラズマ」の4つがある。だが、新しい研究によると、第5の状態が存在するのだという。しかも、それは下手をすると世界的な危機をもたらす危...

ツイッターのコメント(29)

好きな記事。
ビットを書き換えるエネルギー量(=重量)が地球の重量を超えてしまう予測。
情報という語のイメージに引っ張られてすぐには頭に入ってこないが、あり得る。可能的な次の世界の条件として、既に世界の様体を伏蔵する。
これは……ロバート・シェクリーの「不死販売株式会社」を地で行けるか?
学生時代に読んだ京大の小針先生の確率論の本に、物質とエネルギーの等価性からすすんで情報の等価性もあり得るとあった。先生はまだ自分の妄想だと書いていたが、今やマジに論じられるように。いつもながら、おもへばとほくへ、でございます。
情報爆発だ/
漫画インフェクション(及川徹)みたいな話してんな
うん、分かった。
んで、シンギュラリティってどうなったの?
(一時めっちゃ騒がれてたけどさ。。。)

これは...!!!!

: カラパイアさんから
ご意見を仰ぎます @gejiqmq
なるほど、つまりエントロピーヒャラドーンドン!(考える事を放棄した時の音)
なんだ、仙術超攻殻オリオンか。おるばとぅすすさのおのでばんか(熱暴走中)
たしかに現時点では限界が見えないが、いつかは情報を記録、保存するためのエネルギーや、物体で制限がでてくるな
~DIGITAL DEVIL SAGA アバタール・チューナー~
エウレカセブンだっけか
よくわかんないけど面白っ
情報物理学とか、SFの世界やん
これは面白いな。これが証明されるなら幽霊とかいるのかもしれんって思える
情報の集中によるブラックホール化。はないだろうけど。。グレッグ・ベア著のSFにそんなことが述べられていたなぁ。大昔
純粋数学の超弩級宇宙戦艦が実現するのかクダンの限界がくるのか。
これとウイルスが関連してそうな気がしないでもない.
SFのアイデアとしては面白いけどね。情報量とそれを格納する空間には制限はないからね。人の頭の中にはどれだけの情報量がある?って。
SF的に拡大解釈したら面白そうな話だなー>
おもしろかった
【引用】『AIP Advances』(8月11日付)に掲載された研究によると、2245年までに情報の重さは地球の半分に匹敵するものになると予測される。それこそが質量・エネルギー・情報の等価性がもたらす「情報のカタストロフ」だという。
>質量・エネルギー・情報の等価性がもたらす「情報のカタストロフ」だという。
父と子と精霊みたいな。
デイビッド・チャーマーズの情報の二相理論かと思ったら、マクスウェルの悪魔が観測する情報の方向性だった。
本日の創作ネタ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR