TOP > 科学・学問 > コロナ禍によるロックダウンで、人間の活動によって生じる地球の振動が激減(世界) : カラパイア

コロナ禍によるロックダウンで、人間の活動によって生じる地球の振動が激減(世界) : カラパイア

コロナによる活動制限で地球の振動が減少 /iStock 建築現場での作業、工場での生産、車での移動、さらには大規模イベントなどなど、人類の活動は常に母なる地球を震わせている。 ところがだ。コロナ禍による世界的な活動自粛のおかげで、そうした人工的な地震ノイズが...

ツイッターのコメント(11)

>「アンスロポーズ(人類の停止の意)」とも呼ばれる今回の静寂は、地震学者的には2つの理由で贈り物なのだという。
それって、やっぱり相当なモノなんだろうな。
確かに朝が静かになったなとは感じてたのよ。
朝の車の量とか減ってたしね。
ニュートリノとか重力波天文学にとっては良い時代か…。

: カラパイア nyu
文明課題と向き合う機会

コロナ禍によるロックダウンで、人間の活動によって生じる地球の振動が激減 
特に顕著だったのは都市部の人口密度の高いエリアだったが、人の少ない田舎でも同じような現象。
独シュヴァルツヴァルトの地下150mに設置された地震計ですら振動の減少。
コロナ禍によるロックダウンで、人間の活動によって生じる地球の振動が激減
田舎都会に関わらず、世界各地で、地震計に計測される人間活動によるノイズが大幅に減少。地震観測の精度向上に寄与しているそう。
ノイズや振動が減ったり、海や空気がきれいになったり。そりゃブレインが「地球を守るためには人類を滅ぼす必要がある」と考えるはずだわ(´▽`)
※人間の無意味ともいえる移動がどれだけ地球に負担を強いてるか。
アンスロポーズ(人類の停止)がかっこいいな
以上
 

いま話題のニュース

PR