TOP > 科学・学問 > 大人になっても反社会的行動が止められない人は、脳の構造に違いがある可能性(英研究) : カラパイア

大人になっても反社会的行動が止められない人は、脳の構造に違いがある可能性(英研究) : カラパイア

22コメント 登録日時:2020-02-21 09:07 | カラパイアキャッシュ

AlexLinch/iStock 海外の統計によると、4人に1人が子供時代、あるいや思春期に、一度は盗みやいじめ、嘘、暴力といった反社会的な行動パターンを見せるという。だがほとんどの人は、こうしたことからいずれは卒業することになる。 しかし、そのうちの1割は、大人になっ...

ツイッターのコメント(22)

はんぞ○やん……やっぱ根本から違ってたって事なんかな
これ、チュチェ思想の人たちのことかな?
ローンブローゾ(笑)
大人になっても反社会的行動が止められない人は、脳の構造に違いがある

喧嘩、虐め、器物破損、嘘、無断欠勤、窃盗といった問題行動が45歳になっても続いている反社行動グループの脳では、360領域のうち282領域で表面面積の縮小が確認され、11領域の皮質が薄いことも分かった
これ、事実上「クズは何したってクズのまんま」が科学的に証明されてしまった……?
「問題行動が生まれつきの脳の構造に起因するものなのか、それともその行動自体の結果として徐々に発達するものなのか」
両方じゃない?
運営に文句言ってる奴とかよーく見ておけよまじで
何言っても通じない人はそもそも脳がおかしいんだな
なるほどなあ
煽り運転や渋谷ハロウィン、北九州の成人式…🥺
ゼロは不可能ですね🙄
@大人になっても他人をイジメる、二枚舌で嘘をつく、あるいはどこぞの全裸でタクシーを追い回すことの何が許されないか全く理解できないと主張してた人もこういう事かもね。
なるほど、『奴らは姿形は人間の形をしているが、人間ではなく「悪人」という別な生き物だ』というのは、あながち間違いでも無いんだな
反社に奔る人間の知性は幼稚(極論)。
>無断欠勤は反社だった・・・?
>一方で、MRIのような脳撮像による分析結果は、個々の人間に当てはめられるほど確実なものではないと、研究グループは注意している。

ここ重要です。
脳に何かあるんだろうとは思うけど、その脳の「何か」をもたらすものが何なのかが気になるところ。根拠もなく「遺伝」と考えるのはあってはいけないこと。
※そつくりそのままアベじゃないの!幼児性は脳にも問題があったのか(笑)
参加者の66パーセントは反社会的行動歴がない人(非反社行動グループ)、25パーセントは若い頃にそうした行動が見られた人(元反社行動グループ)、12パーセントは大人になってからもそうした行動が見られる人(反社行動グループ)だ。
AlexLinch/iStock
 海外の統計によると、4人に1人が子供時
M型遺伝子みたいな話だ
以上

記事本文: 大人になっても反社会的行動が止められない人は、脳の構造に違いがある可能性(英研究) : カラパイア

いま話題の記事