TOP > 科学・学問 > フェレットも流動液体動物なのか?地下に入ると背骨が伸び、体が30%長くなることが判明(米研究) : カラパイア

フェレットも流動液体動物なのか?地下に入ると背骨が伸び、体が30%長くなることが判明(米研究) : カラパイア

14コメント 登録日時:2020-02-23 20:40 | カラパイアキャッシュ

image credit: youtube  どんな場所にも難なくフィットし、しなやかな動きを見せる猫が、実は個体である一方で液体だったという衝撃的事実をカラパイアでもちょくちょく伝えているが、今回はイタチ科に属する肉食動物のフェレットに、流動液体疑惑が生じている。 アメリ...

ツイッターのコメント(14)

あっ、スーモ
フェレットは流動体です
黒いヤツはウナギ犬。/
そうだと思ってたよ♪
数える単位が「本」の動物はやっぱ違うな!→
これ見るとフェレットが改めて凄い柔らかいんだなって思います😄
フェレットは時々液体です。
液体なのは猫だけではなかった。
猫だけじゃなくて、フェレットまで液体やったとは!!( ; ロ)゚ ゚
おおお…フェレットすごいぞ!ちくわもチューブの中でこんなだったのかな…?
image credit: youtube
  どんな場所にも難
フェレットはどっちかというとナメクジとかに近いよ!!!軟体動物門腹足綱でいいと思う
以上

記事本文: フェレットも流動液体動物なのか?地下に入ると背骨が伸び、体が30%長くなることが判明(米研究) : カラパイア

いま話題の記事