TOP > 科学・学問 > ネコと和解せよ。無宗教者の方が猫を飼っている確率が高いことが判明(アメリカ研究) : カラパイア

ネコと和解せよ。無宗教者の方が猫を飼っている確率が高いことが判明(アメリカ研究) : カラパイア

Pexels/pixabay 古代エジプトで猫が神として人間に崇拝されていたというのは有名な話だが、今回アメリカの研究で、猫と人間の宗教的関係(?)が明らかになった。 調査によると、宗教を信じる人や教会へ頻繁に行く人よりも、特定の宗教を信仰しない無宗教者の方が猫を飼...

ツイッターのコメント(17)

ネコチャン信仰の大元とかを調べるとネズミをとってくれるからというとこから発生してるのがすごく多いので、ソウジャナイ…となってたらこの記事でアッコレコレとなった
そこにいるだけで幸せな気持ちにさせてくれるというのは信仰の対象になる理由として十分すぎる
統計とってみたいけど筋トレ中毒者も無宗教率高い気がする。
ねこはかみです。よろしくおねがいします。
「猫と神は非常によく似ている」そうですw
ぬをあがめるのだ
ぬをたたえるのだ
私達は猫を飼いだしたその瞬間から、猫の下僕である。猫を崇め、猫に仕えることこそ我が喜び。猫は来ませり。今コタツから出てきませり。
“宗教を信じる人や教会へ頻繁に行く人よりも、特定の宗教を信仰しない無宗教者の方が猫を飼っている割合が高く、彼らは宗教の代わりとして「猫にたくさん仕えている」ことが判明した”
猫は液体でありまた神である
やはりネコ=ネ申……
おもろい
(*´ω`*)仕えよ
宗教上の理由で今日は休みますが通用しそう
いや…猫は立派な宗教だが…?
猫は飼っているのではない。飼わせて頂いているのである。飼われてるのかもしれん。
Pexels/pixabay
 古代エジプトで猫が神として人間に崇拝されていた
以上
 

いま話題のニュース

PR