TOP > 科学・学問 > 橋の手すりを覆い尽くす衣類。ホームレスを厳しい冬から守るために地域住民が持ち寄って支援(スコットランド) : カラパイア

橋の手すりを覆い尽くす衣類。ホームレスを厳しい冬から守るために地域住民が持ち寄って支援(スコットランド) : カラパイア

image credit:Mark David Holmes/Facebook 英国では、この時期氷点下を記録する地域も多く、厳しい冬となる。特に、路上で過ごすホームレスの人々にとっては、そんな冬を過ごすことは辛いものだ。  家を持たない人々に少しでも暖かな気持ちを味わってもらおうと、スコ...

ツイッターのコメント(20)

「困っている人を皆で助けるという共通認識が生まれたことで、やさしさが連鎖していき、街は住みやすくなる。ホームレスを1人でも減らす手助けになるかもしれない。」

ホームレスを厳しい冬から守るために地域住民が持ち寄って支援(スコットランド)
みんな生きよう
某メーカー自動車工場のライン立ち上げで一昨年
夫が英国へ行っていたが、間もなく工場撤退…
失職した人多数だろうから…思いやりって大事だ。
日本も、こういう風にしないとね。

橋の手すりを覆い尽くす衣類。
ホームレスを厳しい冬から守るために地域住民が持ち寄って支援
(スコットランド) :
世界中に
資本主義の矛盾で
苦しんでる人がいる

できることで
分かち合う
温かいね👕⛺💖
東京のホームレスどうしてるんだろか
こういう活動が日本でも流行れば良いのだが…。------
もし、寒さをしのぎたいのならここから1着持っていってください。
もし、寒くて困っている人を助けたいと思ったら1着置いていってください。
支援の形も、いろいろあって良いなぁ
今年はいいニュースをたくさんコレクションしていこう。

少し映画的なやさしさの形!
路上で過ごすホームレスを厳しい冬から守るために、スコットランドの地域住民が衣類を持ち寄って橋の手すりに並べているそうだ。

地域住民の善意にゆだねられたプロジェクト、日本でも広めるべき。
もし、寒さをしのぎたいのならここから1着持っていってください。
もし、寒くて困っている人を助けたいと思ったら1着置いていってください。
「もし、寒さをしのぎたいのならここから1着持っていってください。もし、寒くて困っている人を助けたいと思ったら1着置いていってください」とサインを掲げた。
「クリスマスの精神は、困っている誰かのために、自分でできる何かをすることだと私は思っています。」すてきな取り組み。
image credit:Mark David Hol
Take One, Leave One という全英に広がったムーブメント。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR