TOP > 科学・学問 > 左利きは戦闘有利。選択的な優位性を持っていることが明らかに(英研究) : カラパイア

左利きは戦闘有利。選択的な優位性を持っていることが明らかに(英研究) : カラパイア

10コメント 登録日時:2019-12-27 09:10 | カラパイアキャッシュ

OSTILL/iStock 左利きは常に人口全体の10%(10人に1人)で、不思議なことにこの比率は過去5000年間でほとんど変わっていないという。 利き手は環境と遺伝子の両方によって決められる。しかしこれだけでは、そもそもなぜ左利きが進化し、常に一定の割合で存在するのか...

ツイッターのコメント(10)

テニスにもそういう傾向ある? 兄と弟ではどちらがというのと同じであまり意味ないかな。
これは大学同期のプロ格闘家の事だな…!
「左利きの割合は、男子ボクサー 17パーセント、女子ボクサー 12.5パーセント、総合格闘家 18.7パーセント」
確かに、相手にすると戦りづらい気がする。
「これまで推測されていた通り、プロ格闘技において左利き選手は数が多いだけでなく、勝ち星も多くあげていることがはっきりした」
生まれは左利き、育ちは右利きです
左利きなのにパンチは右手で打つ俺いいとこ無しやん😑
よく考えたら殴るときの利き手は右だった
OSTILL/iStock
 左利きは常に人口全体の10%(10人に1人)で、不思議なこ
おらも筆握らんと拳握るかぁ…?
以上

記事本文: 左利きは戦闘有利。選択的な優位性を持っていることが明らかに(英研究) : カラパイア

いま話題の記事